怨霊・・・いや音量・・・


e0122780_1365668.jpg


いつもは、9時くらいで充分のPCオーディオ、11時くらいまで上げて聴いてみた・・・・



e0122780_1333844.jpg


MILES DAVISの「KIND OF BLUE」・・・


音量というモノは、再生の雰囲気をこんなにも変えてしうのかと、今更ながら驚いた。




マイルスのトランペットが、キャノンボールのアルト、コルトレーンのテナーが太く、厚く、深く
リアルに聴こえだした・・・


正直、これまで、あまり聴き入ったCDではなかったが・・・



ビル・エバンスのピアノのなんと強靭なことか・・・



ジミー・コッブのドラムス、チャンバースのベース、全てが力強く、芯がシッカリしている。



各楽器の強弱がより明確になったためか、
ソロとサイドのハーモニーが絶妙なバランスで実にJAZZだ・・・・


e0122780_13412074.jpg







傷一つないLPを聴いている錯覚に陥ってしまった・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-09-13 13:42 | PCオーディオ
<< またやっちゃった・・・・ 寿司烏冬、郷入れば郷に従う・・・ >>