UPX-003Cレストア


あるブログにこんな写真が・・・

e0122780_20195611.jpg


な、な、なんとUPX-003CのNOS品! つい勝手に載せてしまった・・・



見た目、こんなチャチな機械がそれなりに評価されているのは、さすがにそれなりの部品を

使っているからだろう・・ 抵抗はA&B、コンデンサはスプラーグ・・・ 




e0122780_20242397.jpg


これが、当方のUPX-003Cの中身・・・


e0122780_20245144.jpg


ん・・・意味不明な?抵抗が3個・・・


加えて、そのうちの2本は、何と入力回路のアースに・・・ これだとアースが浮いちゃう・・・






ネットで仕入れたUPX-003Bの回路図と003CのNOS品の写真を照合すると、案の定
回路はほぼ同一と判明。







この手の機械の修理のコツはなるべくオリジナルの部品を使うこと・・・ と思っている。




よって、せっかくakakura52さんが換えてくれたASCのキャパシタは、申し訳なくも
これに交換・・・


e0122780_20352826.jpg


スプラーグの「ブラックビューティー」





入力回路のRCA端子から2本の抵抗でアースされた部分を抵抗を外し、アースへ直結。

やはり入力端子から100KΩでアースへ落とされた部分をひとまずオープンとした。







そして、とりあえず、様子見に電源を入れ、プリのライン入力へ入れてみた・・・







ひどいハムだ・・・









電源のブロックコンかな?・・・





e0122780_20451927.jpg


ブロックコンの上から手持ちの33μFと22μFをかませてみた・・・






ハムがだいぶ小さくなって、


やっと音が聴けるようになった。










キャパシタ・メーターで計ったら、殆ど容量が抜けていた・・・






さて、このブロックコン・・・ PLANET?・・・・・  どこで仕入れようか・・・



e0122780_21111034.jpg






全キャパシタを換え、電源部をバラックで組み、音出ししてみる・・・


e0122780_055085.jpg




高域に寄っている・・・



と、言うか低域が出ていないみたい・・・




こんなバランスなのだろうか・・・
[PR]
by jbl375jp | 2010-11-02 20:55 | アナログ関連
<< UPX-003Cレストア・・・② 届きました、UPX-003C・・・ >>