あのオーディオ・スペース

久しぶりに「オーディオ・スペース」のショールーム」兼ショップを訪ねた。

日本でもすっかりお馴染みになったオーディオ・スペースは現地名を「科寶技術発展有限公司」。自社の設計した真空管アンプを中国の工場に生産委託し、香港の店舗で販売していた小さな管球アンプ販売店だった。

e0122780_19324134.jpg





社長のピーター・ラウ氏とは、かれこれ10年ほど前にふらっと尋ねたショップで知り合い、その後、よくショップを訪れてはアンプの話をしたものだ。
そのころは、香港島の繁華街「銅鑼湾」と九龍側の深水歩「鴨寮街」にショールーム兼ショップがあった。訪ねていくと、よく、「日本へ売れませんかね?」などと、聞かれたものだが、オーディオを趣味としてやっていた自分はそんな気もなく、「さあね~」と聞き流していたが・・・

ある日「カイン」というブランドで彼の店でよく見たアンプが日本の市場へデビューした。
その後、中国(珠海市)に合弁工場を持ち、「オーディオ・スペース」というブランドを新設して今日に至っている。

深水歩「鴨寮街」のショールーム兼ショップは昔と変らず汚いビルの2階にあった。
e0122780_1845431.jpg

e0122780_1852537.jpg


店内は昔のままであった。
e0122780_188218.jpg

所狭しと自社のアンプ類が置かれている。
昔はこんなにスピーカは置いてなかったが・・・
試聴に来るユーザーのニーズにあったスピーカを置いているのだろうが、どれも小型、トールボーイばかりだ。

しかし、ラインアップは大変なものだ。
e0122780_18115473.jpg

e0122780_18121920.jpg

e0122780_18124192.jpg


店内を見回していると見慣れぬ若い店員がくっついてきて離れない。
ちょうど、棚に6L6GCプッシュプルのアンプが置いてあったので、「これ聞ける?」というと
「これ、中古ですけど・・」と怪訝な顔をしている。
そうか、デザインからしてオーディオ・スペースの製品ではない。
聞くと、ユーザーからの委託販売品だそうだ。
しっかりした作りだし、良い音しそうなので、聞かせてもらうことにした。

e0122780_18193926.jpg

とっつきは悪かったが、この店員さんテキパキと配線しながら、英国のガレージメーカー製だと
説明してくれた。
英国CRに良く似た良い音でそうなアンプだ。
e0122780_18232456.jpg

結果は・・・・
完全にハズれた。
モヤモヤして6L6らしい、力強さがなく、何よりも密度が薄い。

察したのか、若い店員は盛んに自社製品を薦めだした。
「6L6系のプッシュプルアンプはある?」と聞くと、もちろんと言ってKT66,6L6コンパチの
アンプを持ってきた。
e0122780_1851523.jpg

e0122780_18514483.jpg

勘弁して欲しいデザインだが、音はなかなか良い。
明るく抜けがよく芯もある。
ステファン氏のショップで見た6L6アンプと五分の勝負が出来そうだ。
少し前のモデルなので価格はステファン氏のアンプの半額以下と、魅力的だ。

「音は良いんだが、デザインがね~」と言うと、若い店員はカタログを見せて、好きなデザインを
言えという、そして選んだのがコレ。
e0122780_18571687.jpg

現代風にアレンジされているが、なかなかシンプルなデザインが気に入った。

技術員らしいおじさんが出てきて、バイアスを調整し始めた。
e0122780_190272.jpg


大型のトランスを奢ってある。
e0122780_18591933.jpg

見るからによさそうだ。
この、おじさん、親指を立てて、「お目が高い、コレはいいよ~」と言う。

音が出た途端、その深々とした重心の低さにビックリした。
馬力もあり、密度も濃い。
それでいて細かな音も繊細に聴かせる。

コレ、買いだろう。

早速、価格交渉、聞く前に言っていた価格も悪くはないが、言いなりに買う客は香港には
いない。

結局、2回の交渉で25%引いてくれた。
ステファン氏アンプの6掛けだ。日本での定価の半額近いだろう。

今回のアンプ選びに用意した予算の半分で済んだ。

モノブロック、2台はさすがに持ち帰る気は起こらず、火曜日の配達となった。
20%のデポジットを支払、店を後にした。


さて、605Aとの相性はいかに・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-11-25 19:12 | 香港オーディオ事情 | Comments(4)
Commented by 類似コラーニ at 2007-11-25 23:00 x
今晩は。
カイン、オーディオスペースは日本でも高評価ですね。
価格もリーズナブルですし。
なんといってもプリント基板を使わないところがいいです。
ここ数年精力的に活動しているようで、各オーディオフェアには必ず出展しているようです。

さて、お選びになったモノブロック、こちらでは見かけませんね。
能率が悪そうなトールボーイスピーカーで良かったのなら、ボザークではもっと良い結果が出そうですね。

インプレ楽しみです!
Commented by jbl375jp at 2007-11-26 10:49
おはようございます。
AS6シリーズとして日本にも出ていると思います。
固定バイアスですのでEL34、KT66、6L6用として使えるようです。
そうですね、ここのアンプは手配線に結構こだわっているようですが、モーターボリュームやリレーをつけてリモコン化したり、やりすぎな部分もありますが・・
それに、もう少し落ち着いたデザインにして欲しい気もします。

何より、ハイCPが決め手でした。笑
Commented by わんこ at 2007-11-26 14:35 x
香港でのアンプのお値段にビックリしました。
オーディオスペースのKT88ppは 自宅で聴かせてもらいましたが
バランスが中庸で良くできたアンプだと感じました。
リンク先にその報告をしています。


私は激安なのが好きで、先日↓こちらの方からプリアンプを
買いました。2万円弱でしたがこれまた結構な驚くほど
パフォーマンスが高かったです。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/all_music_venta
Commented by jbl375jp at 2007-11-26 16:47
わんこさん、お久しぶりです!
はい、ビンテージものは魅力的なのですが、価格と程度がつりあわなくて非常にハイCPと感じたオーディオ・スペースにしました。
私は6L6Gで使おうと思っています。
球アンプはいろいろ改造も出来そうなので楽しみます。
少し派手派手なので本体を塗り替えようと思ってもいます。
<< やってきたAS6M(6L6GC) 暮令朝改??朝礼暮改でしょう? >>