今年の我がオーディオを考える・・


たいそうなタイトルだが、なんてことはない、今年は何をしようか、計画的にという当たり前の話・・・


どうも昔から、じっくりプランを練って物事を進めていくということが苦手だ。
行き当たりばったり、よく言えば、本能の赴くがままに・・・


オーディオいじりは、その典型である。

部屋の大きさも考えず、15インチウーファーとコンプレッション・ドライバー+ホーンに走った。
その無謀さに気づいて小型、中型のスピーカに戻した。
そして、また、15インチウーファーとコンプレッション・ドライバー+ホーンに戻った。

今度こそ、スピーカー構成は変えない。
アンプもいじらない。



今年は、LP再生の年としよう・・・

e0122780_1713997.jpg









現状の我が家のアナログ・システムは

1.モノラル用
  LINN SONDEK LP12 with LINGO Power Supply
SAEC WE407EX
  DENON DL102

2.ステレオ用
  EMPIRE 598III with GOLD TONEARM
DENON DL103R, SHURE V15 TYPE III, ORTOFON MC10 Super

多けりゃ良いってものでもないだろうが、ステレオ用、モノラル用にそれぞれ2カートリッジは
常時プレイしたい。

そうすると、必然的に4本のアームが必要となる。
プレーヤも4台、置くのか?・・・

いや・・トリプルアーム・プレーヤの導入だ。

現用の2台のプレーヤに2本づつアームが取り付けられればそれに越したことはないのだが、
どちらもターンテーブル、アームボード一体サスペンションタイプだ、厳密には無理があろう。

現用2台のプレーヤのうち1台を残し、トリプルアーム・プレーヤと合わせて4アームという
構想だ。
余裕があれば、どちらのプレーヤも残したいが・・・

順当ならLP12を残し、SME3009にV15 Type IIIというJAZZ再生夢の組み合わせをしたい。
EMPIRE 598IIIはサブシステムに組み込むんでも良いではないか。
せっかく手に入れたのだ、大事に手元へ残したいものだ。

一度にことを運ばなくとも徐々に積み上げれば良い。



今年は、ノンビリ音楽を楽しみながらアナログ再生装置を構築して行こう・・・



ゆっくり、あせらず、・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-01-08 16:47 | アナログ関連
<< マルチ・トーンアーム・プレーヤの誘惑 味をしめて・・・シェル・リードの交換 >>