LP12、V15TypeⅢそして3009SⅡImp.

今日は朝から日曜大工。

昨日、LP12のアームボードに空けた3009用の穴加工の続き・・・

e0122780_16153432.jpg
e0122780_16172571.jpg

e0122780_1618119.jpg

予め空いている穴のせいで上側が少しブレてしまい、穴が大きくなってしまった・・





穴が開いたところで、いよいよ3009の取り付け。

e0122780_16245394.jpg

純正のビスが付属してこなかったため、少し大きめだが、仕方なく手持ちのビスを使用。

アームボードをLP12本体にセッティング
e0122780_20462783.jpg

3点支持のサスペンション板にアームボードを3本ネジで裏から固定

e0122780_16284786.jpg


そして、いよいよ調整だ・・

まづ、LP12本体の水平をキチッと取る。

e0122780_16321715.jpg

e0122780_16332996.jpg


次に、ターンテーブル、アームボードの水平

e0122780_16415858.jpg

e0122780_16423190.jpg

LP12のサスペンションのボルトで調整

そして、3009の調整だ。

ゼロバランス
e0122780_1648539.jpg


アームの平行
e0122780_16463556.jpg


針圧
e0122780_1649301.jpg


オーバーハング
e0122780_16523195.jpg

e0122780_1653769.jpg


最後にアンチスケーティングのおもりをかけて・・


緊張の一瞬・・・

Bill Evans「ワルツ・フォー・デビー」

e0122780_1655269.jpg



おおおおお~


Duke Ellinton「ディスワンズ・フォー・ブラントン」

e0122780_17185174.jpg

e0122780_17192582.jpg



おおおおおおお・・・・・




ずいぶん遠回りをしたような気がする・・

以前、3009R、3010Rではうまくいかなかった。
いや、腕も悪かったのだろう・・
あんなに使いやすかったWE308でさえ、V15TypeⅢはうまく鳴らなかった。

最近、WE407EX、Empire598Ⅱでうまくいった。

しかし、どうしてもLP12とSME3009でV15を鳴らしたかった。
これはもう見栄以外の何ものでもない。
昔からの憧れ・・理由はただそれだけなのだ。


そして、今日、出てきた音は・・・

おおおおおお~、なのだ。

これぞ、V15TypeⅢの音なのだなどというのは、判らないが、それぞれの楽器が分離し
強弱、余韻も演奏し分けられている。
ピアノのタッチの強弱、ドラムスのシンバル・レガート、カチン、シャン、ブラッシでの打つ、擦る
非常にリアルな感じが大変良い。

いろんな、LPを聴いた。
演奏者、楽器がそこにあり、そして気配を楽器の周り、後ろに感じる。


SME3009SⅡとShure V15TypeⅢ、非常に良い相性であることに間違いなさそうだ。

それを何でもこなせるLINN LP12に組み込む・・・・




V15TypeⅢでステレオ盤を聴くシステム、やっと固まった・・・・


e0122780_2192865.jpg


仕上げに大好きなSONNY CLARKの「COOL STRUTTIN'」B面の2曲目「Deep Night」を
大き目のボリュームで聴く・・


PHLIIY JOE JONESのブラッシング、ウキウキしてくる・・
PAUL CHAMBERSのベースが控えめながら正確に力強くリズムを刻んでいく・・
ART FARMAERとJACKIE McLEANが太くて伸びのある金管を聴かせ、
SONNY CLARKのピアノが軽快にスウイングする・・・


ああああああ~   JAZZっていいな・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-01-20 17:00 | アナログ関連 | Comments(16)
Commented by 類似コラーニ at 2008-01-20 18:50 x
文章から音が聞こえてきそうです。

ぼくはV15Ⅲを使いこなせなくて、DECCAに逃げてしまいました。
今回のエントリー、大変参考になりました。

引き続きレポートをお願いします。
Commented by akakura5 at 2008-01-20 20:01
精力的に進められていますね。
ボクもコラーニさん同様、タイプⅢはだめでしたからDECCAⅡ、Ⅲが好みとなりました。
あとはオルトフォンとDenon-103R。

ところでこのアーム・ボードはどうやってキャビネットと固定するのですか?
Commented by jbl375jp at 2008-01-20 20:29
コラーニさん、こんばんは。
やっと、念願のLP12,3009、V15Ⅲが出来ました。ホントやっとです。もっと早くこのSⅡImp.でやれば良かったです。
このアームは軽コンプライアンス専用なので良いのでしょう・・
それに、やはりLP12が懐が深いからなのでしょうね・・

今年はまだまだいろいろやります。
Commented by jbl375jp at 2008-01-20 20:37
akakura5さん、こんばんは。
いま、EmpireはDL103Rです。LP12がV15用になりましたので、モノ再生用のプレーヤを探しています。また、HF堂で商談キャンセル品を待っているところです。WE407EXでGシェル、そのプレーヤに付属のAC3000でDL102というのが今後の計画です。

LP12のアームボードは3点支持のサスペンションのアームボード側2点の中間に3本のビス穴があり、そこで固定します。よってサスペンションと連動して動きます。
写真取ったのですがピンボケでアップしませんでした・・・笑
あとでエディットしてアップしておきます。
Commented by わんこ at 2008-01-20 23:33 x
毎日楽しく拝見しています。LP12 私の憧れのプレーヤーです。
3009SIIでTypeIIIが存分に鳴っているのが伝わってきます!
Commented by jbl375jp at 2008-01-20 23:44
わんこさん、お久しぶりです。

300BSingle、Push-Pullそれぞれの調子はいかがですか?
Commented by わんこ at 2008-01-21 00:33 x
やっさん、こんばんは。
300Bにはどちらも、共通の個性が有るように感じます。
中高域が繊細で透明感が有るような音ですが、かなり私の好みです。ただ低域は我が家のppはKT88と比べても緩いです。416-8Aの方が相性が良かったかもしれません。

我が家のMMは3009SIIIにType-なんですが、愛情が足りないのもありまして、イマイチ精細を欠いています。MC型が結構好きです。でも、やっさんが、「103Rは若干暗い」と書かれていたのに共感しまして、ここに書かせていただいた次第です。
Commented by jbl375jp at 2008-01-21 13:26
MCとMM、それぞれに良さがありますね、絹ごし豆腐と木綿豆腐のような・・・

最近、300Bをお使いだと、ブログの掲示板で頻繁に目にするようになりました。
300Bはスッキリした音調で高域の艶、輝きが魅力ですね。
しかし、低域の馬力、制動力はいまいちだった経験があります。
以前はマルチの中高域~高域で使ってました。
Commented by jbl375jp at 2008-01-21 13:37
コラーニさん、akakura5さん、チョッと気になってまたコメント書き込みました。
お二人はV15TypeⅢを試された時、針は何をお使いでしたか?
私も最近、純正のVN35HE、MRが切れて、JICOのHE、MR等を使ったりしますがそれぞれ、また同じ型番内でもバラつくようです。
その辺にもV15の難しさがあるようにも思います。
MMの面白さであり難しさなのかも・・
Commented by わんこ at 2008-01-21 13:39 x
おっしゃるとおりだと思います。MMもMCも持ち味を活かしたいですね。
我が家だとTypeーVはちょっと優等生過ぎる感じですが、
やっさんが聴かれるソースにはTypeIIIがマッチすると思います。
サックス等の厚みが出ないとつまらないですよね。

300Bの低域についてはこれまた同感です。小音量では低域が
多少緩くても良い面がありますけど、ある程度の音量になると気になります。何とか「気にしない」でしのいでいます。
Commented by jbl375jp at 2008-01-21 14:36
球アンプは出力管以外にも、電源回路、出力トランスが相当効きますから・・
以前、目隠しで聞き比べしたのですが1=WEの70年代製、2=中国Full Musicの300B、3=WEの97年製、そして4=中国製普通の300Bの順でした。
Full Music製は使用規格が300Bとコンパチというだけでまったく別球です。ワイドレンジで現代的でした。
とにかく、60~70年代のWEの300Bは別格、50年代のWEの300Bは神話です。(笑)

力強さなら205Dが私は好きでした。
やめときましょう、WEに踏み込むと泥沼ですから・・・
Commented by わんこ at 2008-01-21 15:19 x
300Bの聞き比べもされているんですね。私も新さんの行われた
イベントで11種類の300Bを聴かせてもらいました。300Aだけ
別物に感じました。WEの世界は私には怖いです。

シングルのOPTは3種類変えましたが、それぞれ音が大きく違う
ので初心者の私には到底理解できません。偶然と相性だけで収まっています。
やっさんの前のプリアンプ、私的には凄く良さそうに感じました。
Commented by jbl375jp at 2008-01-21 15:29
球は自作もしましたし、WEにも相当のめりこみました・・・
オーディオってキリがありませんので自分でキリをつけました。

今はそれなりに鳴ってくれれば、という心境です。
聴くジャンルが決まっていますので、レンジは気にしません。

あのプリはなかなかです。
そのうちカッコよいケースに入れて復活させたいので大事にとってあります。今のケースは余裕がないのでいじれませんが、容積のあるケースに移してUTCのA20で出力してとかいろいろ考えています。
Commented by jbl375jp at 2008-01-21 15:31
球アンプとアナログは自分で弄れるので愉しいですよね。
Commented by akakura5 at 2008-01-23 18:18
jbl375さんこんにちわ。
こちら朝から雪でした。都内の打合せを早く済ませさっさと事務所に戻りJAZZを聴いてます。

ボクが使用していたタイプⅢは多分国産のスタイラスだったように思います。なかなか希望する音に鳴ってくれませんでした。しかし手元にあったM95EDの針を入れ(ガバガバでしたが)セロテープで固定して使用したら、これはびっくりするほど気持ちよく鳴ってくれました。
それ以降シュアーはM95を使用しています。
Commented by jbl375jp at 2008-01-23 18:36
akakura5さん、こんばんは。
へ~雪ですか?FDさんのブログに出ていたので、関東なのかな?って思っていましたが・・

私もShure純正のVN35HE、MR、JICOのHE、MRを試してみましたが、やはりShure純正は一味違うようです。
今日、中国に居るのですが、深センの市内でVN35Eの新品未使用を見つけて買っちゃいました。
<< 出てきた、出てきた・・・ 久しぶりに日本料理 >>