VN35E、35HE、35MR揃い踏み

ShureV15TypeⅢの交換針が3種類揃った。

VN35E、35HEそして35MR。
35HEは残念ながらShureの純正が見つからず、JICO製だが・・・

LINNのLP12、SME3009SⅡImp.をShureのV15TypeⅢ専用にして、はじめて3種類の交換針で比較試聴してみた。

e0122780_2141146.jpg

左からVN35MR、VN35E、VN35HEタイプ(JICO)



試聴機器
 プレーヤ:LINN LP12
 アーム :SME3009SⅡImp.
 シェル  :SME S2
 フォノEQ:トライゴン バンガードⅡ
 プリアンプ:McIntosh C28
 チャンデバ:Crown VFx2A
 パワーアンプ:Crown D45
          Audio Space AM6

試聴LP
 PABRO 「Duke’s Big 4」

ボリューム位置 
10時半

試聴結果
①VN35MR(Shure純正)
  柔らかな音調、ベースが太い

②VN35HE(JICO製)
  発止としたメリハリ感があり、クリアーなサウンド

③VN35E(Shure純正)
  芯が太く響きがある

自分の好みではVN35HE(JICO)、VN35E、そしてVN35MRの順か・・・

JICOのVN35HEタイプはガンガン来るJAZZにもってこいで、価格を含めた総合点では
一番かも知れない。

音楽的なオールマイティーさではVN35Eであろうか・・

VN35MRは少しおとなしすぎるような気がする。
甘く、スローな女性ボーカルには最適かも知れない。

全体的な音の傾向は似ているが三者三様の特徴があり、面白い。

試聴後、何気なく取り出したビーナスレコードの
NEW YORK TRIO 「THE THINGS WE DID LAST SUMMER」
e0122780_2158380.jpg




JICOのVN35HEタイプでゴキゲンに鳴っている・・・・
[PR]
by JBL375jp | 2008-02-18 21:32 | アナログ関連
<< LP12とEmpire598 香港へ帰ってきた・・ >>