何を思ったかクラシックでも・・・ でも締めはやっぱり


球プリは思いのほかC28の代役を果たし、3009+V15は思いのほか苦戦・・・

一息つこうと、何を思ったか、10枚くらいあるクラシックLPに手が伸びて、選んだのが


e0122780_18284123.jpg

一応、ドイツグラモフォンの「チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番」。
カラヤン指揮、ウイーン・フィル、 ピアノはSviatoslov Richter。


これをEMPIRE598Ⅲで聴いたのだが・・・

e0122780_1839856.jpg

クラシックもいいものだなあ~と感じ入ってしまった。

e0122780_1902638.jpg

気を良くして、もう一枚・・・
ラフマニーノフのやはり、ドイツグラモフォンの「ピアノ協奏曲1番、2番」
ロンドン・シンフォニー・オーケストラ、ピアノはTamas Vasary、指揮はYuri Ahronovich



そういえば、当地はクラシックファンが圧倒的に多く、例の「Encore Hi Fi Shop」には
クラシックのLPがJAZZの10倍くらい在庫があった。




あそこにはPABRO盤が結構あるし、来週あたり覗いてみようか・・・・




結局、締めはピアノ協奏曲に対抗してピアノ・トリオとマイルスになりましたが・・・

e0122780_2117358.jpg



e0122780_21202593.jpg

[PR]
by jbl375jp | 2008-06-29 19:11 | アナログ関連
<< 中国返還記念日 2種類のノイズ・・・ >>