6550ppアンプ改造顛末記


旧正月を挟んで約一ヶ月、久しぶりに球アンプを目一杯いじった。
自作していたころを想い出し、楽しい時間であった。

その顛末は・・・


当地の電気街のスーパーマーケットの様な店から買ってきた、中国製のKT88ppアンプ・・・

SHUGUANGブランド、型名SG30-2、あの真空管製造で有名な「曙光」製だ。

e0122780_20322430.jpg


威風堂々の容姿とウソみたいな価格に、思わず飛びついた。




喜び勇んで、スピーカにつなぎ、出した音は・・・・


太く、芯のシッカリした見事な音だった。



・・・・・・・・と、思ったのもつかの間、ブ~ンというノイズと共に、片チャンネルのKT88が
見る見る赤くなった。


慌てて、電源を切る間もなく、ヒューズが飛んでしまった。




ここから、何とも楽しい、アンプ改造が始まった。







取り説もなければ、回路図もない。


取りあえず、裏ブタを開け、中を覗いてみる・・・

e0122780_21185857.jpg


スッキリ、基板にまとめてあるようだが・・・

回路を追って見ていくと、
①出力のKT88は固定バイアス
②UL接続
③初段、位相反転・ドライバ段は6N1のムラード型
④プレート電圧は480Vを超えているようだ
等々が分ってきた。

まず、自己バイアスに変えなければ、余程揃った球を使わないと危険この上ない。

と、固定バイアス化を始めたが、初段、位相反転・ドライバ段も回路を追っていくだけでは
心もとなく感じて来た。


そこで、思い切って、初段、位相反転・ドライバ段も作り直すことにした。

改造にあたって、「管球王国」43号の上杉佳郎氏設計のTAP29を参考にさせていただいた。

回路構成は同じとしたが、出力管は一度使いたかった、6550(3結/UL接続)プッシュプルとし、
初段12AU7、位相反転・ドライバは手持ちの5963(12AU7コンパチ)を使うことに。



e0122780_21412428.jpg

オリジナルのPCBを外し、初段、位相反転・ドライバ段のソケットを交換した。


e0122780_21422790.jpg

出力段の6550を固定バイアス化、抵抗はWEの巻線型可変抵抗器を使った。


e0122780_21473036.jpg

電源回路の配線。トランスの関係で電圧が高すぎ、落とすのに四苦八苦・・・


e0122780_21483924.jpg

初段、位相反転・ドライバ段の配線。


e0122780_214901.jpg

配線終了。




旧正月の休みを挟んで、あーでもない、こーでもないと、小改造、調整を重ねた。

特に電源周りは、トランスの唸りと2次側電圧の高すぎのため、トランス交換まで
エスカレートした。

紆余曲折はあったが、最終的にこうなった・・・



e0122780_2261613.jpg

                       改造前



e0122780_2252477.jpg

                       改造後



3結とUL接続の切り替えも可能だが、試聴の結果、圧倒的に3結が良かった。


最終仕様は
6550(3結)プッシュプル
初段:12AU7パラ
位相反転・ドライバ:5963
出力管:6550pp 自己バイアス
プレート電圧:400V
出力管バイアス電圧:35V
整流回路:ダイオード両波整流
平滑回路:RC型

最大出力:多分13~15W




試聴の結果は・・・・




もう散々言ったから、止めておこう・・・






手前味噌ながら、なかなか良い音で鳴っている・・・



e0122780_23181272.jpg

替えたトランスがデカ過ぎてカバーが出来ないが・・



おっと、最後にひとつだけ難点が・・・・・、夏は使いたくないだろうなぁ・・・





                                   6550ppアンプ改造顛末記・・おわり
[PR]
by jbl375jp | 2009-02-16 22:29 | やっさんのシステム | Comments(8)
Commented by M at 2009-02-17 10:17 x
いつもお世話になります。

こんなことが、できてしまうなんてスゴイです。
こちらは、ちょっとしたトラブルでも全く自分で対処できません。
アンプ関連の本をめくってみたのですが、チンプンカンプンで
絶対、自分にはできないです。

また、いろいろお教えください。
いつも楽しみに拝見させていただいております。
Commented by jbl375jp at 2009-02-17 11:05
Mさん、当ブログへようこそ!
コメント、ありがとうございます。
私も、くだらんことをあれこれ書いているだけです(笑)

アンプの改造、中身も外見もカッコ悪くて・・・恥ずかしいです。
きれいに配線された自作アンプを見ると、よ~し、自分もと、
思いますが、計画性がないので、進めていくうちに、どんどん
汚くなっていきます(爆笑)

今後ともよろしくお付き合いください。
Commented by 音爺 at 2009-02-18 09:20 x
そちらの電源は何ボルトなんでしょうか?
Commented by jbl375jp at 2009-02-18 14:32
音爺さん、こんにちは。
こちらの電源はAC220Vです。
Commented by 音爺 at 2009-02-18 17:30 x
内地の人間((笑))から見たら羨ましい環境ですね。
お金を掛けずにハイボルテージな電源なんですから!
日本は当分は100Vなんだろうな~(×_×)
Commented by jbl375jp at 2009-02-18 23:12
220Vの方が有利なのでしょうかね?・・・
Commented by 音爺 at 2009-02-19 00:37 x
200Vは使った事がないので何とも言えませんが、わざわざ200Vにステップアップトランスで変換する方もいるくらいだし・・・
同じ機器で、日本向けにトランスの配線を100V用にした物と200V用とを配線し直して比べた場合、ステップアップトランスで200Vにした物の方が良いって言う話です。
私も115VのC290を100V使用と比べただけですが、たかが15Vでも、あきらかに力感が違いました。
ステップアップトランスを使った方が、押し出しが強くなりましたね。
知らなければそれで済んじゃう事なんですけどね~!(笑)
Commented by jbl375jp at 2009-02-19 12:08
音爺さん、こんにちは。
日本での200Vの意味は少し違うのでは?・・
200Vの専用線を引くので、100Vのようにいろんな人が使って、
ノイズだらけの電源より、良いのでは?・・・

USA仕様の117Vを100Vで使うのも厳密には良くないでしょうね・・
トランスもそのあとの電源回路も影響を受けるはずですから・・

100V-100Vでもアイソレーション・トランスを入れる手もありかな?・・

劇的に良くなったという人もいますが・・・私は経験ありません(笑)
<< X40不調・・・ 6550ppアンプ最終改造・・仕上げ >>