<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

続・遍歴 その7 

金色ホーンと802?

S101のホーンの帯域が不満だ。
どうも標準のドライバーは音が細い。
もっとエネルギーが欲しい。

そう思いはじめたころ、金色に輝くホーンを見つけた。
KLIPSCHのスピーカを見つけた例のモンコック・オーディオ・センターと同じビルの3階に
骨董品のようなオーディオ機器や部品を販売している店が数軒ある。
その中の「朱記音響」という七十近いおじさんがやっている店だ。

この店にはJBLの初代エベレストDD44000が置いてあり、たまに冷やかし半分で覗いていた。
ふと、天井までありそうなショーケースの上に目が止まった。

見覚えのあるホーンである。
たしか、ALTECの811。
だが、811は黒かALTECグリーンのはずだが・・・・・・
そのホーンは、なんと「金色」である。それも新品に見えるほど輝いている。

聞けばこのおじさん、塗装スプレー4本を費やして自分で塗り替えたそうな。
早速降ろしてもらった。
やはりALTECのH811である。
そのままにしておいてくれば良いものを・・・・と思いつつも悪くはない。
中国人は金色が好きである。
自分も20年も香港にいると美的感覚が中国人的になったかと苦笑。

e0122780_2320276.jpg


ALTECのはずだと出してきたのが1インチのドライバーだ。


e0122780_2320543.jpg


e0122780_23252074.jpg


このドライバ、確かにALTECの802のようでもある。
しかし、裏のカバーがない。
よって、破格の値段である。
金色ホーンと一緒に「持ってけ泥棒」のような価格で良いと言う。

よーし、買ったよ、おじさん。このおじさん、妙に商売気がないところが好きだ。
(置いてあるエベレストDD44000も絶対売らないという)

エベレストにつないであったアンプにつなぎ、簡単なチェックだけして持ち帰った。

早速、S101のネットワークをはずし、ウーファーのみターミナルに接続し直した。
S101のウーファーのみ使い、このホーンを乗せてみた。

e0122780_23492967.jpg


悪くないね~「金色ホーン」
[PR]
by jbl375jp | 2006-09-09 22:42