<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

15インチ導入 その3

失態、再び

さあー困った。
「TOPCLASS」へ行った。

「604Eは日本へ送りました」
「えっ、やはり買い戻せない?」
「はい」

ガックリである。

人間、失敗すると冷静な判断が出来ない。
目の前に見慣れぬスピーカシステムがある。
聞けば、YL音響の「Harmonia」という、3ウエイ・ホーン・スピーカ・システムだ、そうな。
好きな造形だ。
何とシリアル番号は2番、3番である。

YL音響って、あの吉村ラボ、「ゴトー・ユニット」の後藤さん、「AUDIO NOTE」の近藤さん、「エール音響」の遠藤さんなど、そうそうたる人たちを輩出した日本のスピーカ・メーカーの草分けである。
ユニットを覗けば、「ゴトー・ユニット」に酷似(当たり前か?ルーツが同じだから)。

e0122780_18364.jpg
e0122780_1832690.jpg


12インチウーファーに1インチ・コンプレッション・ドライバー+ストレート・ホーン+ホーンツイーターの3ウエイだ。
箱もバランスが良い。
12インチが不満で15インチを探し、604Eを探し当てたのに・・・・・、何をやっているの?
そう、もう冷静ではなくなっているのだ。
「聞かせてくれる?」
「はい」と、T君、また舌なめずりしていたのであろうが、この場合本人は気がつかない。

何の曲だか知らないが、ギターソロ。
清々しい切れの良い音だ。
ストレートホーンの良さか、音が飛び出してくる。
低域はやや甘い。
なのに、「いくら?」なんて聞いている。
「803B、604Eの入っていた箱を下取りしてくれる?」
「良いですよ」
なんてことはない、803B売りたさに買い換えようとしているのだ。
「じゃー、今晩届けてくれる?」
「Wさんに連絡とって見ましょう・・・・・・、OKです」

その晩、「またやった~!馬鹿!」と、なったのは言うまでもない。

1週間で2度までも・・・・・・・

Oさんに言われた「スピーカは頻繁に換えないほうが良いよ」という言葉が耳から離れない。
「あんたが604Eをウーファーだけ使うのはもったいない、と、言うから・・・」と愚痴っても後の祭りであった。

JAZZを聞くには品が良すぎるスピーカであった。 トホホ・・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-03-15 18:03 | AUDIOネタ