<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

S君の悩み解消か?

長かったS君の悩み、ROKSANのLPプレーヤが英国より届いたようだ。
トーンアームはROKSANの代理店のユーザーでSMEの3009RのNOS(New Old Stock=デッドストック)を持っている人を紹介してもらったとの事で交渉中との事。

いよいよS君のLPプレーヤ本格導入がスタートする。

このところ仕事が忙しくてろくに相談に乗ってあげてないので心配ではあるが、S君のことだ自分で勉強をしていることだろう。

こっちは自分のフォノイコをどうするか、人のことどころではない。

今日も、もう午前二時。
やっと、最終動作チェックに入った。
あと、数時間で終わるだろう。

あ~眠い。
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-20 02:25 | アナログ関連

LPを聴こうと思ったら・・・・

連日の午前様、徹夜の寝不足を補うべくじっくり寝ようと思ったが、午前2時半頃寝たにもかかわらず11時には目が覚めてしまった。

最近は歳のせいか、寝溜めができない。
若い頃は平気で15~6時間は寝れたのに・・・・



今日は午後1~2時頃の集合なのでLPでも聴くことにした。
昨夜、寝る前に充電しておいた電池をフォノイコにつなぎ、
マルチテスターで電圧をチェック、11.58V、OK。

昨日聴きそびれたベイシーのLPはそのままLP12のターンテーベルに乗ったままだ。
針を下ろして、ボリュームを上げる。

あれ、れ、れ、れ・・・・・・

出ない。 
音が出ない・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フォノイコの電源ONを示すLEDは点灯している。
もう一度、OFF⇒ONしてみる。

あれ、れ、れ、れ フォノイコのリレーがONする「チッ」という音が聞こえない。

念のため、カートリッジ、トーンアームケーブル、フォノイコのINまで入念に調べた。
すべて問題なし。
プリの入力も入れ替えて調べたが同じ結果。

最後のチェック。
アームケーブルを直接プリのライン入力へ入れて思い切りボリュームを上げてみた。
ヘッドアンプもRIAAカーブ補正もないが一応音がかすかに出た。

もう、フォノイコしかない。
それもリレーの故障の確率が一番高い。
電池のつなぎっぱなしでリレーのコイルが切れることってあるのかな・・・?

ウ~ン、困ったな。

フォノイコ付きプリは中古屋が持って行ったし、予備はないし・・・


つい先日、これでしばらく音楽に浸れるかな、っと思ったばかりなのに・・・・




CDでも聴くか・・・・・

でも、LP聴きたい。

・・・・・・電池かも知れない。充電不能になったかも・・マルチメーターで計ったよな11.58V・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-19 17:07 | AUDIOネタ

LPとCD

やはり徹夜になった。

大きな仕様の変更が入り、思わぬ時間を食ってしまった。
日本からの技術者をHOTELへ送ったのが午前8時。
12時のチェックアウトまで数時間仮眠してもらい、1時から再開の約束をして自宅へ。

明日こそ終わりにしてもらいたいな~・・・・・・

zzzzzzzzzzzzz


12時ごろ麻雀仲間の誘いのTELで起こされた。

麻雀どころではない旨説明しTELを切った。
また寝するほど時間はない。

仕方なく歯磨き、髭剃り、そして洗顔。
やっと目が覚めてきた。

ふと、レコードが聴きたくなった。
もう1週間以上聴いてない。
30分くらい遅れても良いだろう。 みんなも遅れるだろう。

プリの電源を入れ、LP12のLINGOをオン、そしてKT66アンプ。
カウント・ベイシー「Farmer’s Market」をセットし、針を下ろす。
う~ん、この感触だよな、久しぶりの愉悦。

ん? 音が出ない。
ボリュームを上げる。
でも出ない。???

あっそうだ、フォノイコの電源、えっ!入ってる。
そうなのだ。1週間前に聴いた時に切り忘れていたのである。
バッテリー駆動しているため、
電池が上がったようだ、フォノイコの電源ランプ(LED)くらいは駆動する余力を残して。

仕方なくCDを聴くことにした。
CDの電源をONすると、入れたままのダイアン・クラールが自動的に歌いだした。
ポッカリとスピーカのセンターに音像が浮かぶ。
う~ん、寝起きの悪いおね~さんの声だ。
しばらく聴いていると、少し艶が出てきた。
KT66アンプは電源投入から少し時間が必要のようだ。

それにしてもチョッと高域がきつい。
いつも思うことだが、LPで調整したスピーカでCDを聴くと少し高域がきつく感じる。

LPを聴いても、CDを聴いてもまったく同じバランスでなければならないと上級者は言うだろうが
どうも、うまくいかない。

おっと、1時だ、出かけなくては


明日の日曜日こそゆっくりLPを聴けるだろうか・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-18 23:24 | AUDIOネタ

毎日午前様の理由とは?



日本から来ているエンジニアと香港のエンジニアがお互いに作ったソフトウエアのコンバイン作業に立ち会って早1週間。

言語の壁とはいかに厚く高いか、思い知らされた。

香港のエンジニアは英語を流暢に使う。
が、日本人エンジニアは英語が不得手。

それを補うべく橋渡しをしているのだが、通常の3倍の時間がかかる。

香港エンジニア⇒通訳⇒日本人エンジニア⇒通訳⇒香港エンジニアという具合。

通訳の私は両方の言ってることをまず自分が理解しなければならない。
私のストレスは彼らの4倍である。

それに加えて文化の違い。
これも大きい。

日本人は繊細で病的に正確さを求める。
香港人は合理的で大まか。
これは決定的に摩擦を生じる。
特にエンジニアリングに関しては+とーに作用するくらい大きな問題だ。
その双方からストレスを受け間にいる私はもうクタクタ。

4日の予定が8日目に入り、更に2~3日の延長が決定。
もう、死にそう!早く終わってくれ!!
こうなるとどうしても香港人の合理的、大まかさの味方になってしまう。

いかん、いかん、公平に、公平に。




でも、早く終わらないかな~
今日は徹夜になりそうな、いや~な予感。
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-17 20:49

リフレッシュに豪華中華料理

今日は得意先の社長さんに中華料理をご馳走になった。

「聘珍楼」という高級な酒家(香港ではレストランをこう呼ぶ)だ。

のっけから「ふかひれスープ」
続いて「ホタテとアスパラの豆板醤炒め」、「アワビのステーキ」
息もつかせず「ガルーパ(深海の白身魚)の姿蒸し」、この醤油タレは絶品で白いご飯にかけて食べるのが香港流。うまい!
魚料理と一緒に「湯葉と白菜の蒸し煮」が付いてきた。

最後にチャーハンがでたが、白飯を頂いたのであまり食べれなかった。

デザートは定番のマンゴーのプリン。

連日のハードな仕事に対しての労いのご招待であった。
ありがたかった。

リフレッシュできました。

招待いただいた社長さんに感謝!

今晩ももう一息がんばるべ~!
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-16 23:56

ちょっと疲れ気味

先週の土曜日から5日間連続の3時過ぎの午前様。

さすがに疲れが溜まってきた。
こんなことは言いたくないがやはり歳のせいかな。


もう寝よう・・・・zzzzzzz


あっ、そういえばS君のROKSANとSME3009Rがそろそろ入る頃だが・・・
いかん、いかん、寝なくちゃ・・・・zzzzzzzzzzzzzzzzz
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-16 04:25

飽きない本と昔の夢

このところ、仕事が忙しく帰宅が午前2時を過ぎる日が続いている。

帰宅して寝室へ直行。
20分ほど本を読んで就寝。

何度読み返しても飽きない本が菅原正一さんの「ベイシーの選択」と「聴く鏡」である。

彼の30数年の「ベイシー」でのJAZZオーディオに関する体験に基づいた話は面白さを通り越して凄みが感じられる。

彼の「もの」に対する考え方には共感させられますし、教えられます。

日本へ出張の際に一度行ってみたいといつも思っているのだが、何せ岩手県の「一ノ関」である。
なかなか機会がなく行きそびれている。

e0122780_11193699.jpg


e0122780_11141914.jpg


高校生末期の頃、「ジャズ喫茶」をやるのが夢だった。
今でも仕事をリタイアしたら、趣味でやってみたいと思っている。
商売ではなくあくまで自分が楽しむための「ジャズ喫茶」をやってみたい。
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-15 03:55

KT66ppモノブロックアンプ その3

新しいレイアウトがどうも気に入らない。

3段ラックがスピーカ間、音像の中心にあると視覚的にも実際の音も定位がぼける感じがして
精神衛生上やはりよろしくない。

寝室に置いてあった2段ラックに替えて、KT66アンプのみスピーカ間に置くことにした。
LPプレーヤ、CDプレーヤそしてプリアンプはひとまとめにして元どおり、リスニングポジションの右へ配置した。

これですっきりしたがプリ-パワーアンプ間のケーブルがまた5mタイプに戻ってしまった。
これがまた精神衛生上よろしくない。
後で最短に配線し出来るだけ長さを詰めてみよう。見た目でも1m以上は短くなると思われる。

機器の整理のお陰で配線等もすっきりしたし、100V、120Vそれに220V用が入り乱れていたがプリ、パワー、LPプレーヤが220Vの香港仕様となり異端児はTEACのCDプレーヤ(100V)だけとなった。

e0122780_12303319.jpg


これでしばらくゆっくり音楽に浸れるだろう・・・・・かな?
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-11 20:09 | AUDIOネタ

KT66ppモノブロックアンプ その2

このところ仕事が忙しくKT66アンプをゆっくり聴く機会がなかったが

今日は台風のお陰で午後から休みとなった。
当地香港は台風発生から香港に向かってくるか否か、台風との距離等でシグナルが
1、3、8そして10と表示され、8以上となると、学校、会社、商店はすべてクローズとなる。

今日は最初シグナル1であったが遠くを通過したはずの台風がUターンして香港に向かってきたらしい。
午後2時ころ、シグナル8になることが確実と予報が出たので、日本から来ているお客さんを
HOTELへ送って帰宅した。

借りたままになっているKT66アンプの聞き込みをすることにした。
ついでにアンプ類のレイアウトも変更しよう。

まず、レイアウトの構想から
リスニングポジションの右サイドにまとめている、LPプレーヤ、プリアンプをラックごとスピーカ間に配置し、そのラックの下段へKT66アンプ2台を入れることにした。

これで今ままでプリ-パワー間が4m以上のRCAケーブルを使っていたが1mですむ。
精神衛生上すこぶるよろしい。
反面、音像の中心にラックがデンとくるため、これも精神衛生上よろしくない。

まず、音を聴いてみる。
プリ-パワー間のケーブルが極端に短くなったためか、鮮度が上がった気がする。

2~3枚、JAZZ、ボーカルを聞いてみた。

どうもおかしい?!
 
音像がセンターに定位しない!
左スピーカ側に寄っている。

なぜだ?

CDへ替えてみる。
問題ない。スピーカセンターに定位する。

LPプレーヤ~フォノEQアンプまでの問題だ。
プリはCD、LPプレーヤともラインで使っている。

フォノEQは問題なかろう、よってLPプレーヤだ。それもアーム、カートリッジだな。

オルトフォンのMC10スーパーを使っているが、デノンのDL103Rに替えてみる。
同じ。変わらない。ウ~ン・・・・


e0122780_21244822.jpg


ン・・・・・・・?!

アンチスケーティング用のウエイトの位置が違う! なぜ?
そうだ、数日前、シュアのV15タイプIIIにちょっと替えてみたのだった。
アンチスケーティング用ウエイトの位置を変え忘れていたのだ。

オルトフォンMC10スーパーに替えて、バランス、針圧を取り直し、ウエイトの位置も直す。

さて・・・・・    直った。 ドンピシャのセンターだ。  良かった。

改めて聴きなおす。

KT66アンプ、なかなかよろしい。

このまま少し続けてみよう。
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-10 14:18 | AUDIOネタ

KT66ppモノブロックアンプ

ガラクタが運び出された後、S君がKT66ppアンプを持ってきてくれた。
これを当てにしてパワーアンプをすべて売り払ったためだ。

その日も麻雀の約束があったので気もソゾロ状態。

S君は香港人特有の時間観念のない人間。
約束の4時を15分くらい遅れて到着。
加えて車庫に入って駐車に15分を要した。
結局、我が家に運びこまれた時には4時半を回っていた。

そこからがまたノンビリ。
おもむろに持参のマルチメーターを取り出し、バイアス調整をはじめた。
そう、このKT66アンプは自己バイアスではなく固定バイアス式のマニア向け。
中国本土のさる大学教授がハンドメイドした特注品である。
電源、出力とも英国LEAK社のトランスを使用しているようだ。

e0122780_0172548.jpg

モトローラ製12AX7⇒RCA製12AU7の2段を通り、東芝製12BH7の位相反転、KT66は中国製である。
前段はMcIntoshの回路みたいだ。

やっと、バイアスの調整も終わり、いよいよ音だし。

艶、コク、切れ、申し分ない。

300Bsより高音の輝きが足りないが中域の密度と低域の力強さがある。
予想とおりの結果に満足。
しばらく借りることとし、S君に送ってもらうことになった。

S君、いつもありがとう!
[PR]
by jbl375jp | 2007-08-04 16:52 | AUDIOネタ