<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Volcano IIの実力は?

昨晩、十分に充電をしたはずである。

「Volcano II」の電源をON。
再度スイッチを押す。
LEDが緑に変わった。
「Vanguard II」のLEDも連動して緑に、なかなかにくい演出、この手に弱いので思わずニンマリ。

e0122780_22573485.jpg


早速、ピュアバッテリー駆動で「COOL STRUTTIN'」の「Deep Night」を聴いてみる。

・・・・・・・・・・・、 確かに音場の奥行きが明らかに拡がった。
加えて力感が増したのが分かる。

驚いたのは小音量時の低音がボケない。
大きな音量時のバランスのまま音量が下がっていく。



「Vanguard II」 + 「Volcano II」、侮れないぞ、こいつら。



木綿豆腐に小粒でもピリリッと辛い山椒、おつなものですぞ、あなた。
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-27 16:09 | アナログ関連

我が家にもVolcano IIが・・

我が家にも「Volcano II」がやってきた。

TRIGONのフォノイコ、「Vanguard II」専用のマイコンコントロールのバッテリーユニットだ。
e0122780_15384849.jpg


とりあえず「Vanguard II」とペアでセット。
e0122780_15395180.jpg

まったくの同一シャーシであるからぴったり収まる。

しばらく充電。

電源を入れると、赤のLEDが一瞬点滅し、黄色に変わる。
この状態では充電しながら電池から「Vanguard II」へ給電する。
再度電源スイッチを押すと、LEDが黄色から緑へ変わる。
この状態で電池のみの給電となり、ピュアバッテリー駆動となる由。

最初の充電時間が分からないのでとりあえず一晩、充電することにした。

よって、今晩は聴けません。
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-26 20:39 | アナログ関連

中秋

今日、香港は中秋節である。

要は「月餅」を食べながら屋外に出て家族でお月見をする日だそうだ。

そのせいか、やけにアパートの中庭に家族づれがワイワイ、ガヤガヤやっている。

面白いのは香港では中秋節の翌日が休日であること。

みんな夜更かしをするからというのがその理由。
なるほど理にかなっている。

と、言う事で秋の夜長、LPでも聞きますか。


実は今晩は曇天で月など見えません。

そんなことはどうでも良いか・・・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-25 22:51

木綿豆腐と絹ごし豆腐

木綿豆腐と絹ごし豆腐、これ即ちMMカートリッジとMCカートリッジの違い。

私の目指すオーディオは「リアルな音」、それはあたかも演奏者が目の前で演奏しているような
リアリスティックな音が目標である。

DENONのDL103R、ZYXのRS20、ORTOFONのMC10Super、MC20Super IIと、MCカートリッジを聴いてきた。
なるほどきめ細やかで艶のある絹ごし豆腐のような滑らかさである。

かたや、MMカートリッジ(とは言っても手持ちのシュアのV15タイプIIIに限って)はMCに比べ、滑らかさ、レンジ感では少し譲るもののコシがあって中域の密度が濃く、Jazzを聴くにはむしろMMならではの力強さを発揮する。
この味、それこそ木綿豆腐である。
この木綿豆腐、ベイシーとも好相性なのである。
針はVN35MRを使っているが手に入ればVN35HEを聴いてみたい・・・
(どなたかお持ちであれば譲っていただきたく)


ただし、調整に関してはV15タイプIIIはガラス細工のようなひ弱さ、その点はDL103Rは少々ラフに取り付けても歪まない懐の深さがなかなかの者だ。
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-25 16:29 | アナログ関連

Basieにハマる!?

近頃なぜかベイシーにハマっている。

BIG BANDも良いがトリオ、クインテッド、ジャムセッションがよろしい。

サイドメン達がサイドメンというには豪華すぎるところが、さすがベイシーというか・・

e0122780_04521.jpg

「KANSAS CITY Count Basie3」
ベースがもちろんRAY BROWN、ドラムはLOUIS BELLSON

e0122780_06114.jpg

「KANSAS CITY Count Basie5」(再発版PABRO TODAYレーベル)
ギターとバイブの大御所、JOE PASSとMILT JACKSONがスウイングしてもう最高!

e0122780_015619.jpg

「Basie Jam #3」
アルトの大御所BENNY CARTER、トロンボーンのAL GREY、トランペットのCLARK TERRY
テナーのEDDIE LOCKJAWにJOE PASS、LOUIS BELLSON、JOHN HEARDという、なんとも豪華絢爛!


シュアーV15タイプIIIで、今、なぜかベイシー・・・・・
これ、木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いです。 分かりますか?あなた
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-25 00:23 | アナログ関連

聴き込み

昨夜、麻雀で徹夜となり寝たのは朝6時ころ、12時過ぎまで寝ていた。

まづはアンプの電源を入れる。 
そしてコーヒーを煎れて眠気を覚ましながらウオーミングアップ。

昨日S君と協力してとったスピーカのバランスの確認。
S君から貰った、ボーカルチェック用LP、台湾の女性歌手、蔡 琴の「機遇」
e0122780_1817660.jpg

3曲目の「六月茉莉」、彼女の語りとハミング、チェロの伴奏が絶妙のバランスだ。

続いてコンテンポラリーレーベル、ANDRE PREVIN & RUSS FREEMANの
「Double Play」
e0122780_18215588.jpg

ロイ・デュナンの録音はピアノがリアルだ。

ハイを1目盛り上げた。
抜けが良くなった。

カウント・ベイシーの「BASIE BIG BAND」
e0122780_18301710.jpg


ビッグバンドの全体のまとまりもよさそうだ。

しばらくこのバランスで行ってみよう・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-23 18:31 | アナログ関連

S君のお耳拝借

土曜日、S君に家へ来てもらった。

彼の耳を借りるためだ。

どうもスピーカのネットワークのバランスが気になっていた。
そこで、二人でバランスをとろうという算段だ。
JAZZのコンボ等にバランスをとると、どうもミッド、ハイを高めに設定しまうきらいがある。
そうするとボーカルものがミッドが突き出てしまい塩梅が悪い。

壊されたORTOFONのMC20Super II、カートリッジのせいもあるかも知れないが、ソニー・クラークの「COOL STRUTTIN'」のピアノがルディー・バン・ゲルダーらしくなく聞こえる。
ピアノらしさはこちらのほうが断然良いのであるが妙に明るすぎて、違和感を感じていた。

カートリッジは再度ShureのV15TypeIIIを入念に調整した。
e0122780_1619478.jpg


案の定、ボーカルものではミッド上がりでバランスが悪い。

そこで耳には定評のあるS君に試聴してもらいながら小生がスピーカの裏でアッテネータを
調整することにした。

e0122780_15463937.jpg


現状のバランス確認。
やはりS君もミッド、ハイが高すぎるとの意見。

e0122780_15481545.jpg


そこでミッドを2目盛り下げ、ハイは思い切って4目盛り下げてみた。
S君にんまりして「それそれ」とOKサイン。

再度二人で試聴。

e0122780_1634860.jpg

「COOL STRUTTIN'」のピアノがRVGのピアノの音に戻った。
ボーカルもバランスよく鳴った。
これがまともなバランスであろうと二人で納得。

まともではあるが自分好みまでには更に微調整が必要であろう。
しばらく聞き込みするしかない。


お礼にS君を昼食に招待した。

e0122780_15573143.jpg


香港に進出した「和民」で昼食でした。
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-23 15:58 | AUDIOネタ

針が・・・・・・、無い

e0122780_12174423.jpg


毎週火曜日と金曜日に部屋の掃除をしてくれるアマさん(香港ではメイドをアマさんと呼ぶ)が
また、余計なことをしてくれたようだ。
これで、3回目である。
前回はDENONのDL103R、前々回はZYXのRS20、それにしてもいつも買って2週間以内である。

ZYXの時はそうと分かるまで数時間かかった。
カンチレバーは付いていて、スタイラス部分だけ折れて取れていた。
そうとは知らず、LPに乗せるたびにアームが流れてしまう。
スタイラスが無いのであるから当たり前である。

アームの調整をし直したりで数時間すぎた。
考えあぐねて、じっとスタイラス部分をみてみると、・・・・・無い、針が無いのである。



いつも口をすっぱくしてAUDIO製品には手を出さないでくれと頼んでいるのだが・・・・・
LPプレーヤはホコリが付きやすいので見るに見かねたのであろうが、余計なお世話なのだが。
親切が招いた不幸ゆえ強く文句が言えないのが3回までも・・・
アマさんにしてみればそんな高価なものとは思っていないであろうし・・・



しかし、まったくついてないナァ・・・・・・・・(ため息)
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-22 12:31 | アナログ関連

ちょっとルームチューン

手持ちの東京防音製1mx1mの吸音パネルをスピーカ中央後方に置いてみた。

e0122780_15315956.jpg


少し低域が締まり、音像がクッキリした。

e0122780_1341421.jpg

左右スピーカとリスニングポジションを結ぶとほぼ2mの正三角形。

e0122780_13421048.jpg

リスニングポジション後方は1.5m以上確保できたが・・
ほとんど平行面はなく、Audio的には理想的か・・・?

LPプレーヤ、CDプレーヤ(ほとんど聴かないが)、プリアンプを聴取位置に配した。
テレビを見る時は吸音ボードをいちいち移動しなければならず不便だが仕方なかろう。
そういえば、S君ちも音楽鑑賞のときはテレビに布をかぶせるとか。

結局、部屋全体を使うことになり、また生活空間がなくなった。


せめて飯を食うスペースくらい確保したかったが・・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-19 15:32 | AUDIOネタ

結局、こうなりました

で、結局、こうなりました。

e0122780_112347.jpg

スピーカ後方を片付けてすっきりしたら低域が少し膨らんだような・・

その前は?

e0122780_11134034.jpg

このときのほうが低域の締りがあったような・・・

そのまた前は?

e0122780_11142885.jpg

音場は小さいものの密度が濃く、これもまた悪くはないが・・

そのまた前の前は?

e0122780_1116525.jpg

センター定位が悪く、それ以前にリスニングポジションが最低だった。
何せ玄関に座っているのだから・・
[PR]
by jbl375jp | 2007-09-18 11:02 | AUDIOネタ