<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

BLUE NOTEと605AとEmpire


Empire598Ⅲと磨きこんだ990アームにEmpire2000E/Ⅲそして605Aで
BLUE NOTEを聴く、

e0122780_20511413.jpg


この組み合わせ、すこぶる相性が良い・・・


e0122780_20532461.jpg


BN1530 「JUTTA HIPP」 Jutta Hipp,Zoot Sims
BN1576 「SONNY’S CRIB」 SONNY CLARK
BN4074 「ON THE SPUR OF THE MOMENT」 Horace Parlan Quintet

予想通り、この組み合わせは、BLUE NOTEの中域重視の音作りにピッタリの再生だ。

特に金管が太くていい・・、シンバルも厚い。

e0122780_213239.jpg


BN1590 「CANDY」 LEE MORGAN

スネアのブラッシュワークが「パッカ~ン」と、ワクワクする。
LEE MORGANのトランペットが厚く太い・・・


このところ、出番が少なかったEMPIREにはもってこいのソースだ・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-30 21:05 | アナログ関連 | Comments(4)

思い込み・・


思い込みとはホント恐ろしい・・・

e0122780_1539070.jpg


More
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-30 16:10 | アナログ関連 | Comments(2)

RVGのピアノ


カウント・ベイシー、デューク・エリントンのピアノトリオも良いが、ピアノトリオというと
どうしてもこの方は外せない・・・

e0122780_095223.jpg


ご存知、BILL EVANS。

この人のピアノには品と格調を感じてしまう。

この、Verveの「trio ’65」、RVGの録音だが、BLUE NOTEのピアノと違うところが
不思議と言うか、面白い。




ジャケットの異なる、同じPRESTIGEレーベル、同じ内容のこの「WALKIN’」もRVG。

e0122780_0103152.jpg



HORACE SILVERのファンキーなピアノはちゃんとピアノの音がする・・・・


BLUE NOTEのRVGのピアノ、どんなにスピーカいじっても、ピアノに聴こえない・・



もうあきらめている・・・・


ひょっとして

e0122780_0154188.jpg

blue note 1539「6 pieces of SILVER」 HORACE SILVER quintetを聴いてみた・・



やはり、同じだった・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-28 23:57 | アナログ関連 | Comments(2)

香港JBL Freind同好会


香港にもJBL好きがいます・・・

e0122780_23332891.jpg

THIS IS HONG KONG !


e0122780_23355266.jpg

バックロードホーン


e0122780_23362737.jpg

フロントロードホーン


e0122780_23365539.jpg

オリンパスに蜂の巣



e0122780_23372925.jpg

バックロードに蜂の巣


e0122780_23405327.jpg

4355に蜂の巣まで・・


e0122780_23564533.jpg

この方、アンプも素晴らしい!



頑張ってます、香港のJBL好きも・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-27 23:53 | 香港オーディオ事情 | Comments(4)

元のサヤへ・・・


元のサヤへ戻った・・・

気になる存在から悩む存在へ・・そして四分六で傾きかけたJBL・・・





また、縁がなかった・・・・・・

More
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-26 21:43 | やっさんのシステム | Comments(6)

ブツ到着


しゃれたグラスを頂いた・・・

e0122780_2234416.jpg


余分にあった、カートリッジを差し上げたら、そのお礼にと頂いた。

お互いJAZZ好き。



なかなかおしゃれだ・・・・

オンザロックが似合うグラスだろうが、下戸の自分はコーラくらいか・・・


ありがとうございました。
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-25 22:06 | その他 | Comments(6)

BOZALTEC 605Aの逆襲 その3


このところ、BOZALTEC 605Aネットワークドライブの鳴りっぷりがすこぶる良い・・・

e0122780_20282880.jpg



理由はいくつか考えられる。

まづ、ネットワークの内部配線を替えてから、音の鮮度が上がったこと

次に、いろんなLPを聴きながら追い込んだアッテネーターの位置が固まってきたこと
e0122780_20343999.jpg


高域ドライバー+ホーンのレベル調整は、当初女性ボーカルで主に調整していたが
コレに拘ると、ピアノやシンバルがどうも抜けが悪い音になってしまう。

ピアノやシンバルに拘ると、女性の声の「S」の音がキツくなってしまう。

やっと、加減が効いてきた。

それと、全帯域を1つのアンプで鳴らす音のまとまりのよさであろう。

球アンプのAS-6MとCROWNのDC300Aを適宜切り替えているが、DC300Aの出番が
増えてきている。


導入当初の、少し音の鮮度が低く、抜けの悪いところは、改善され、マルチとの比較でも
引けをとらないようになってきた。





800Hzから使い、外付けドライバー+ホーンの個性を出すマルチ、1600Hzまでウーファーが幅を利かせるネットワーク、


どちらも面白くなってきた・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-23 21:06 | やっさんのシステム | Comments(4)

音が変わること=音が良くなること?・・・・


音が変わることを音が良くなったと思ってしまう性格が、どうも直らない。


機器や線材等を替えると、大なり小なり音が変わる。

今まで聞いて来た音と違うので「おっ」となってしまうのは致し方ない。
ところが今まで聞いて来た音より、良いのか悪いのかとは別問題のはずなのだが・・・
音が変わったことで音が良くなったという思い違いをしてしますことがやけに多い。

そのために、過去に何度も機器の入れ替え、買戻しを繰り返している。

修行が足りないせいか、コレが自分の音という明確な指針がないためだろう。

漠然とした、方向はある。
中域の充実した、厚く、太く、リアルなJAZZ再生・・・・

何故こんなコトを言い出したか・・・
e0122780_11411610.jpg

遊んでいた、球プリを使ってみたからだ・・
C28を入れる前にずっと使ってきた、ボリューム特別仕様の球プリアンプのKITだ。

C28に比べて、スッキリした音でキレが良い。 シンバルが実に良く聴こえる。



まがりなりに、BOZALTEC605Aを中心にした2ウエイマルチと605Aのネットワークとの
2系統のスピーカシステムが、固まったと思った矢先に、マルチ用のドライバが不調になった。

そして、ドライバーを探しにいって、JBLのD130を聴いてしまった。

e0122780_12404951.jpg


長年聴いてきた、ALTEC系のウーファーと、当然というか、予想外と言うか、音が違った。
ALTECとの最大の違いはキレのよさ。
コレをフロントホーンの4560あたりに入れて・・・
e0122780_12515347.jpg

そう考え出すと、もう止まらない・・・

不調のドライバの後釜は2420を見つけた。

e0122780_12413276.jpg


不思議なことにずっと、JBLのユニットにあこがれ続けてきて、未だにオールJBLという
システムを組んだことがない。
特にウーファーにはまったく縁がなかった。
これは、最初のマルチに使った515の音がベースとなってしまっているからなのだ。


ドライバの入れ替えがとんだ方向へ行くかもしれない・・・・・


変わる音が自分の目指す方向かどうか・・・・



それにしても今日はBOZALTEC 605Aネットワーク系がやけに良く鳴っている・・・・



スピーカはそうそう替えちゃいけないよと、言うように・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-22 12:28 | AUDIOネタ | Comments(7)

疲れたときはマジでJAZZを聴きたい・・・


香港は、今日からイースター休日入りした。

土日を挟んでの4日連休・・・

しかし、間が悪いことに、この4日連休を挟んで10日間、日本からクライアントの技術者が
新しく立ち上げる製品のPP(量産前試作)の立会いに来ている。

今日も朝から、中国の工場で一日打ち合わせだった。

だが、最近は中国の工場も政府からのお達しで土日は休むようになってきた、それを口実に
お客様を中国に置き去りにして、香港へ戻ってきた。


先週、今週と香港~深センを行ったりきたりで疲れた。

こういうときはマジでJAZZを聴きたい・・・

選んだLPは

e0122780_20443299.jpg


「DIZZY GILLESPIE’S BIG4」

もちろん、LP12、SME3009SⅡImp.そして、V15TypeⅢの最強トリオ・・・
e0122780_2050654.jpg


針はJICOの「VN35HE」タイプだが、コレは本家より解像度が良く・・・・
なんて、どうでも良いか・・・

ガレスピーのトランペットがすっ飛んできてスカ~とする。

サイドメンもギターのJOE PASS、ベースのRAY BROWNそして、ドラムスは
MICKEY ROKERという豪華メンバー。

A面、3曲目、「Russian Lullaby」、4人一糸乱れぬ快走はスピード感、スイング感とも
特筆モノだ。


特にMICKEY ROKERのドラムスがすばらしいリズムを刻む。




疲れも吹っ飛びますなあ~・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-21 21:05 | アナログ関連 | Comments(7)

忙中閑あり・・・・?


ドライバーの件はチョッと忘れて・・・

605Aとネットワークを球アンプで聴く・・・

e0122780_2145629.jpg


ピアノとトランペットだけ・・・

e0122780_2174839.jpg

PABROのOSCAR PETERSON and TRUMPET KINGS 「JOUSTS」

e0122780_21555444.jpg

MONOと605Aと球アンプ、情緒ありますね・・・それにしてもオスカー・ピーターソンって
なんで、こんなにうまいんですかね・・・

e0122780_21281814.jpg

「THE GIANTS」 PETERSON&PASS&BROWN
巨人は大嫌いだが何故かザ・ジャイアンツ、じつは私、隠れJOE PASSファンです。
ウエス・モンゴメリーやケニー・バレルより断然、好きです。

このスイング三人組み、貧乏ゆすりが止まりません・・・・・

そして、今晩の極めつけ、

e0122780_22161325.jpg

スピーカの間にヘレン・メリルのハスキーな声がポッカリ・・・・



クリフォード・ブラウンのトランペットが哀愁を含んで・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-03-18 21:36 | アナログ関連 | Comments(6)