<   2008年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

何を思ったかクラシックでも・・・ でも締めはやっぱり


球プリは思いのほかC28の代役を果たし、3009+V15は思いのほか苦戦・・・

一息つこうと、何を思ったか、10枚くらいあるクラシックLPに手が伸びて、選んだのが


e0122780_18284123.jpg

一応、ドイツグラモフォンの「チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番」。
カラヤン指揮、ウイーン・フィル、 ピアノはSviatoslov Richter。


これをEMPIRE598Ⅲで聴いたのだが・・・

e0122780_1839856.jpg

クラシックもいいものだなあ~と感じ入ってしまった。

e0122780_1902638.jpg

気を良くして、もう一枚・・・
ラフマニーノフのやはり、ドイツグラモフォンの「ピアノ協奏曲1番、2番」
ロンドン・シンフォニー・オーケストラ、ピアノはTamas Vasary、指揮はYuri Ahronovich



そういえば、当地はクラシックファンが圧倒的に多く、例の「Encore Hi Fi Shop」には
クラシックのLPがJAZZの10倍くらい在庫があった。




あそこにはPABRO盤が結構あるし、来週あたり覗いてみようか・・・・




結局、締めはピアノ協奏曲に対抗してピアノ・トリオとマイルスになりましたが・・・

e0122780_2117358.jpg



e0122780_21202593.jpg

[PR]
by jbl375jp | 2008-06-29 19:11 | アナログ関連

2種類のノイズ・・・


しばらく、平穏無事なオーディオ生活を送っていたのだが・・・・


McIntoshのC28からノイズが出だした。

「ピ~」という高周波のノイズ・・・

フォノ入力も、ライン入力でも同じ現象、ということはライン・アンプ部で発振しているとみて
間違いなさそうだ。

とりあえず、確認も含めて、遊ばせていた球プリに替えてみた。

e0122780_12562522.jpg


ピ~という嫌なノイズが出なくなった。  

やはりC28か・・・・、しかし、アンプ部の発振となると厄介だナ~・・・・

でも交換した球プリがなかなか良い。
CDをかけているのだが、しなやかに鳴り出したし、情報量も増えた感じがする。


e0122780_1317120.jpg

この球プリ、Mattesseという英国のメーカーの「Refference」というトップモデルの
クローンKIT、要はコピーキットだ。
香港のパーツ屋がコピーして基板とパーツ、そいてケースを販売しているものを買って
組み立てた。

オリジナルキットのボリュームを固定抵抗+ロータリースイッチ式のボリュームに改造した。
初段は12AX7、バッファーは、たしか12AT7だったか12AU7・・・忘れた。

当初は初段の12AX7をテレフンケンのダイヤマークを使っていたが、繊細ではあるが
線が細い気がして、RCAに替えている。

弄りすぎて、電源スイッチ、入力切替のツマミもなく、シャフトむき出しでみっともないが
C28を直す間、しばらくピンチヒッターで使うしかないだろう・・・

でも、機器を替えたときの常でなかなか新鮮で悪くない気がする。




もう一つのノイズはSME3009SⅡImp.に復活したV15TypeⅢを乗せたら、音量の
大きいあたりから「ブ~ン」と盛大にハムが出だした・・・

こちらは現在アースの取り回しに躍起になっている最中だ。

e0122780_13263773.jpg

3009の根元はシッカリ、アースしているし・・・

3009のこの部分をRCAタイプに替えた途端、いろいろ問題が出だした。




やはり、オーディオは余計なことはしない方が賢明ということか・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-29 13:30 | やっさんのシステム

SHURE V15TypeⅢ復活!


諦めかけていたSHUREのV15TypeⅢが直った・・・


e0122780_22181449.jpg


何のことはない、交換針を挿す穴の接触不良とリード線の根元が折れたことによる、これも
接触不良だっただけ。

交換針を挿す穴を慎重にラジオペンチで締めて、リード線を交換したら、見事に復活!


早速、VN35Eを装着し、フォノイコをMM用に設定しなおし、音出し・・・・


久しぶりのV15TypeⅢ・・・・
e0122780_22282933.jpg



いやあ~、いいね~・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-28 22:31 | アナログ関連

CD?それともLP? その2


どちらでも良いのである。

その人なりに、いろんな理由があって、CD、LP、あるいは両方聴いているのであるから・・・


e0122780_16374252.jpg


人それぞれ・・・好きな方を聴けばよろしい。


面白いのは、このビーナスレコードの場合(現代録音で、多分マスターはCDもLPも同じと
推測されるが・・)、古い録音のオリジナルのLPとそのリマスターCDほど極端な差がない
ように感じる。


自分はあるときからCDをやめて、LPばかり聴いて来た。

CDをトコトン極めて出した結論ではないので偉そうなことは言えないが、LPのほうが
より臨場感とか空気感と言った細かなニュアンス的な音とか感覚が入っていると感じるからだ。

これは、もう好き嫌いの問題であるから、人に強制する気もないし、される気もない。


LPは面倒だし、調整でコロコロ変るし、不便この上ないが、その面倒を楽しんでいる自分が
そこにいるのも、また確かである。

CDの便利さは素直に認めるし、最近のCDのオーサリングの技術もトランスポート、DACの
技術も格段に進歩したことだろう・・・




でも、自分はこの面倒なLPを楽しみながら聴いていきたいと思っている・・・・


e0122780_1754829.jpg

[PR]
by jbl375jp | 2008-06-28 17:06 | アナログ関連

不便と便利・・・


不便なこと・・・

中国の深センで携帯電話を落としたみたい・・・みたい、というのもあやふやな感じだが・・

通常、香港で使う携帯と中国で使う携帯を使い分けている。
理由は料金体系が違うから。

香港の携帯はもちろん中国でも使える。
しかし、香港にかかってきた電話を中国で香港の携帯を使ってローミングで受ける場合と
中国の携帯にローミングして受ける場合では格段の差が出る。
会社の女の子が通話時間記録を元に計算してくれたのだが、なんと3倍以上の差!

そういうわけで中国に入ると携帯を替える。
切った香港の携帯はカバンの中へ放り込むのが習慣になっている。

今回はジッパーの付いた部分へきちんと入れたことをハッキリ記憶していた。

香港へ戻り、中国用の携帯の電源を切り、香港用の携帯を探したが・・・ない!

もしやと、いろんな場所を探したが、やはりない。


ということは・・・・
落とした? でもジッパーのある場所・・

抜かれた? のではないかと疑っている・・・


というわけで、久しぶりに携帯を買った。

e0122780_041311.jpg

初の韓国製・・・三星の「ANYCALL」 3Gシステムが購入の決め手。
これなら日本でも使えるそうだ。
香港はGSMシステム、日本はCDMAかWCDMA・・・
全世界同じにすれば良いだろうに・・・・

古くはVTRのベーターとVHS、最近ではDVDのブルーレイとHDDVD、地上波デジタルの
方式も全世界で違う・・・これは不便だ。

でも、今なにが一番不便か?
携帯をなくした事で全TEL番号が消失したこと・・・・不便この上ない。



うちに帰り、今度は便利なものに気が付いた・・・

e0122780_017313.jpg

CDプレーヤだ・・・
しばらくまともに聴いていなかったが、チョッと仕事関係のEメールを見ながらCDを
かけてみた。
返事などに手間取って小一時間・・・
LPなら3回は立って盤面のひっくり返しか、盤の取替えを余儀なくされるが・・・・
当たり前のことだが、CDはそのまま聴ける。

これは便利だ・・・

S/Nは良いし、音も綺麗だし・・・・


これで、もう少し奥行き感というか、臨場感が出れば言うことないのだけれど・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-28 00:26 | AUDIOネタ

CD?それともLP?



e0122780_1213775.jpg



e0122780_122279.jpg


CD?それともLP?


どちらが好きかと言われたら・・・・



(自分の場合)迷わずLPです。
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-27 01:25 | AUDIOネタ

左右不対照




e0122780_2226613.jpg


e0122780_22285138.jpg


e0122780_22293269.jpg


e0122780_2231241.jpg

置き場所の都合で左のスピーカよりに配置したアンプラック・・・・



この置物がスピーカのセンター位置・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-25 22:37 | やっさんのシステム

いつもの日曜日の朝・・・・


溜まった疲れを取ろうと、昼まで寝ようと思ったが・・・
歳のせいか、10時には目が覚めてしまい、そのまま起きてしまった。


いつものように、プリ、フォノイコ、チャンデバに電源を入れ、珈琲を淹れる。
少し間をおきD45、D45、最後にSA600の電源をON・・・


すこし頭が重く、まだ眠い・・・

オーディオ機器のウォームアップ代わりにCDをかけ、珈琲を飲む。



CDが終わるころには、機器も自分も眠気が取れてきた。


PCの電源を入れてブログを見て回る。




いつもと変わらない日曜日の朝の日課・・・・




e0122780_16182411.jpg

Bill Evans、Eddie Gometz、Marty Morellのピアノ・トリオにフルートのJeremy Steigが
加わったVerveの「What’s New」



仕事のこと、日本にいる家族のこと・・・

いろいろと、頭が痛いことばかり・・・・



LPでも聴いて、しばし忘れようか・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-22 16:35 | やっさんのシステム

Basie Jam


一番好きなレーベル「PABRO」、その中でもベイシー物には目がない。

e0122780_2345431.jpg


e0122780_2352513.jpg


e0122780_2355216.jpg


Basie Jam, Basie Jam#2そしてBasie Jam#3・・・

いずれもそうそうたるメンバー、これはノーマン・グランツの威光かベイシーの人徳か・・・
そのいずれもだろうな。

皆勤賞はドラムスのLouis Bellson

Jamは1973年の録音、Jam#2とJam#3は1976年5月の同日録音



こういうのを本物のスイングジャズというのだろうな・・・・



Jam形式の演奏が一番JAZZのジャズらしさが感じられるは自分だけだろうか・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-21 23:26 | アナログ関連

赤と黄色とジッポ・・・


相変わらずヘビースモーカーを止められない自分の愛用のライターは

e0122780_032199.jpg

e0122780_0324744.jpg

やっさんのイニシャル入りのZIPPO・・・

最近、石はデュポンを使っている。

e0122780_0472378.jpg

こちらの方が着火が非常にスムースだ。

オイルは週一、石は月一ペースの充填・・・
e0122780_048161.jpg



今日も夜なべは回避でき、ZIPPOでタバコに火をつけながら、LPなどを聴く・・・

何故か赤い盤なのに題名は「Yellow Dog Blues」

e0122780_0382947.jpg


e0122780_039529.jpg

The Don Ewell Quartet
ピアノ、ベース、トランペット、そしてギターというドラムなしのクワルテットも珍しい・・・


デキシーをバラード調にしたような、曲調が何故か懐かしい・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-06-21 00:48 | アナログ関連