<   2008年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

V15TypeⅢ(白文字)+VN35MR徹底試聴


予定していた日本からのクライアントとの打ち合わせが中止となり、オーディオ弄りに・・・・



再発盤高音質STEREO LPによる、V15TypeⅢ(白文字)+VN35MRの徹底試聴をしてみた。

e0122780_15143724.jpg

e0122780_1575079.jpg

用意したLPsはすべてSTEREO盤再発新品LPばかり
なるべく、いろんな形態のJAZZを聴いてみる・・・


V15TypeⅢはいろんなJAZZのジャンルを分け隔てなく聴かせるという点で気に入っているが
このV15TypeⅢもそのままでうれしい。
ピアノ・トリオは良いがビッグバンドはチョッと・・・などでは困る。

もう一つ、V15TypeⅢが気に入っている理由の1つ、高域から低域までエネルギーバランスが
整っていることだが、このV15TypeⅢは太く、芯がありながら高域から低域までバランスが
良い。

以前のV15TypeⅢ(黄文字)での懸案だったブルーノート盤再生の線の細さはどうだろう・・

e0122780_1549437.jpg

ブルーノートと言えば、この2枚・・・

ART TYLORのスネアのブラシがスタタン!ときた。
LEE MORGANのトランペットがうるさくなく飛んでくる・・・

LOU DONALDSONのアルトも充分厚い。






極めつけはSONNY CLARK 「COOL STRUTTIN'」

e0122780_17523830.jpg

このアルバム中一番好きな曲「Deep Night」・・・

冒頭のSONNY CLARKのピアノの和音の強打に続いてのPHILLY JOE JONESのブラシが
ゾクっとするほどリアル・・・
PAUL CHAMBERSのベースがブルン、ブルン弾む。

ART FARMERのトランペットとJACKIE McLEANのアルトのソロ合戦~、SONNYのピアノ・ソロ、そして、
PHILLY JOEのドラムの連打から最後のSONNYのピアノ・ソロ、一番の聴きどころだ・・・

以前の線の細さなど微塵も無い。



我ステレオ装置のメイン・カートリッジとしての地位を確立しそうだ・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-27 15:56 | アナログ関連 | Comments(7)

中高域~高域の指向性・・・


日曜日だと言うのに午後から仕事・・・

少し遅く起きてステレオ装置に電源を入れて、いつものように珈琲を淹れる。


何気なくふとスピーカーに目をやると

e0122780_1323023.jpg

何となく2420/2327がソッポを向いている・・・



すこし、内振りにしてみる

e0122780_1362857.jpg


俄然シンバルに芯が出てきた。


このホーンもどき・・・、何か考えねばいけないなあ・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-27 13:13 | やっさんのシステム | Comments(4)

V15TypeⅢとVN35MR


久々に人並みな時間に帰宅できたので、オーディオいじりが出来る・・・


仕入れたV15TypeⅢにVN35MRの新品未使用ストックを奢って聴いてみた。

e0122780_22341733.jpg


試聴LPはオスカー・ピーターソン・トリオ 「WE GET REQUESTS」

e0122780_2238085.jpg


このVN35MRはゴリっとくる。
今まで聴いてきたMRとちょっと違う・・・・

MRに対するこれまでのイメージはVN35Eに比べ、やや大人しく優等生的な鳴りだと
思っていたが、このMRは野性味がある。

付属のVN35Eより、明るく元気、そしてゴリッとくる。

最初期のV15TypeⅢと最後期の交換針VN35MR・・・・・
何を替えても変わる音・・・



これがアナログの面白いところだ・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-25 22:51 | アナログ関連 | Comments(6)

20,000!


ここのところ、また夜なべが続き更新を怠っていたら・・・


いつの間にか20,000ヒットを超えていた。


こんなブログでも見ていただけるって、うれしいですネ



これからも、頑張って続けるぞ~!!

e0122780_2185935.jpg





皆さん、ありがとう・・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-25 02:19 | その他 | Comments(7)

SHURE V15TypeⅢ白文字


先日、ヤフオクでゲットした、V15TypeⅢが届いた・・・・


e0122780_2136113.jpg

白文字、鏡面仕上げタイプの最初期型。
程度も良く、なんと言っても純正のVN35Eが付いているのがうれしい。
もう、なかなか手に入らない針だ・・・


久しぶりにSME3009SⅡImp.に取り付け、慎重にゼロ・バランスを取り直し、針圧を
とりあえず、1.0gとして調整・・・

e0122780_0145448.jpg

音出し・・・

e0122780_21424939.jpg


昨日、聴いていたSONNY ROLLINSの「TAKING CARE OF BUSINESS」

いきなりテナーがブォ~ッと来た!

すかさず、Count BasieのPABRO盤KANSAS CITY Count Basie3
「For the Second Time」に替えた・・・

Ray Brownのベースがゴリッと来て、Louie Bellsonのバスアタックがドスン・・・
Basieのピアノのアタックもカキ~ンと伸びる。

このところずっと聴いていたMONOのDL102とまったく遜色が無い。
分厚く、力強く、しかも奥行きが感じられる。

これまで使っていた、黄色文字はもっとスッキリした音だったが・・・



最近のSTEREO用の試聴盤、SONNY ROLLINSの「WAY OUT WEST IN STEREO」

e0122780_010475.jpg

MONO盤はSPのセンターに楽器がギュッと詰まってアンサンブルを形成するが
STEREOは各楽器がそれぞれ主張しSP間の音場でハモる感じで、これはこれで楽しい・・・



この白文字、MONOの分厚さのままSTEREOにしたような・・・モロ、私好み・・・

太い、厚い・・・



針も当たった、得した気分だ・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-22 22:02 | アナログ関連 | Comments(14)

”Tenor Madness"


テナーの両巨頭、SONNY ROLLINSとJOHN COLTRANEの競演・・・

e0122780_2223195.jpg

Prestige盤「SONNY ROLLINS TAKE CARE OF BUSINESS」 Side3 1曲目
SONNY ROLLINSのリーダー作にJOHN COLTRANEが出ていた・・・

サイドも豪華メンバー
e0122780_22381613.jpg

1955~56年の録音・・・
この辺がJAZZの宝庫だよなァ・・・



少し、中域のレベルを弄ったお陰か、WEケーブルのお陰かテナーがブリブリ、ベースが
ゴリッときて、なかなか良い塩梅だ・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-21 22:43 | アナログ関連 | Comments(10)

ノーマン・グランツ JAM SESSION


ノーマン・グランツ率いるJATP(JAZZ AT THE PHILHARMONIC)のJAMSESSION・・

e0122780_22433629.jpg

1952年からスタジオでのJAM SESSIONという形式で録音されたJATPによる
JAM SESSIOMシリーズの4作目

カウント・ベイシー : ピアノ/オルガン
ハリー・エジソン : トランペット
バディー・デ・フランコ : クラリネット
ベニー・カーター : アルトサックス
ウィリー・スミス : アルトサックス
スタン・ゲッツ : テナーサックス
ワーデル・グレイ : テナーサックス
フレディー・グリーン : ギター
ジョン・シモンズ : ベース
バディー・リッチ : ドラムス



ライブのJAM SESSIONも良いが、こういう寛いだ雰囲気のスタジオでのJAM SESSIONも
肩がこらなくて、なかなか良いもんだ・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-20 23:00 | アナログ関連 | Comments(0)

プリとケーブル


マッキントッシュのC28が修理から帰ってきた。

電源のケミコン交換で済んだようだ。


早速、球プリからC28へ繋ぎ替えてみた。

e0122780_15475927.jpg

暗く、こもった様で元気が無い・・・・

球プリへ戻してみる。   明るく、元気が良い。


C28の電源は落とさず、しばらく入れっぱなしにしておいた。



2時間ほどして、再度C28に替えてみた・・・・

太くて、厚くて、輝かしい音が戻ってきた。

球プリは明るさ一辺倒だが、C28は明るさの中にどこか陰影が伴う、独特の渋みが良い・・・
C28の帰還でやっと、システムがまとまりそうだ。





本格的な夏の到来で、外は猛暑、出る気もしないので、ケーブル作りにいそしむ・・・

WEの信号線が手に入った。
e0122780_1614962.jpg

昔の電熱器やアイロンのコードのような・・・・

e0122780_1631576.jpg

WEのケーブルは見かけでは判断できない。
単線にピニール被覆、それを和紙で包み、ネットをかけ、また和紙で包んで布製の被覆・・・
手の込んだケーブルだ。

最近、お気に入りの「アンフェノール」のRCAピンで早速アンバラ・ケーブルを一組作った。

e0122780_16112762.jpg

これをフォノ・ケーブルに使ってみた。
AC400/DL102⇒フォノイコ⇒(WE cable)⇒C28だ。

一聴して、まづ中域の密度が増したようにせり出したように感じる。
高低域のエッジが立つというのか、鮮明になった。

う~ん、これ、なかなかのケーブルではないか・・・・



実はカートリッジのシェル・リード線用にと、試しに2mほど買ったものだが、信号線全部、
替えてみるかナ・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-20 16:25 | AUDIOネタ | Comments(2)

焼きたてのクロワッサンとEric Dolphy


自分で焼いたわけでも、焼きたてを買ってきたわけでもない。


e0122780_1112595.jpg

結構うまいベーカリーから買ってきて、冷凍していたクロワッサンをオーブントースターで
焼いただけ・・・

でも、マジでうまい!

昨夜聴いた、Eric Dolphyの「OUT TO BREAKFAST]・・・いや、「OUT TO LUNCH」
を聴きながら、珈琲とグレープフルーツジュースで朝食・・・




一人、おしゃれを気取るオヤジでした・・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-20 11:22 | その他 | Comments(5)

シンバルを厚く・・・


久しぶりにチャンデバのレベルをいじった・・・

e0122780_195643.jpg

中域を2dB上げ、高域を1dB下げた。



シンバルの厚みがもう少し欲しかった。

この場合、高域を上げるのか、中域を上げるのか・・・なかなか難しい。

今回は後者で折り合いがついた。




昨日買ってきた、LOU DONALDSONの「Sanny Side UP」を最近気に入っている
ガラード301、AC400、そしてMONOのDL102でガッチリと聴く・・・・

e0122780_203363.jpg

久しぶりの思いっきり音量・・・




シンバルの厚みに加えて、ブラシによるスネアのアタックがスタタン!と来て、ベースまで
ゴリゴリしてきた・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-07-19 20:04 | やっさんのシステム | Comments(2)