<   2008年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

4ウェイ化の肝、エネルギーバランス


振り出しに戻った、やっさんの4ウェイ化・・・・


再度、おさらいをしておこう。

帯域      ユニット     クロス周波数         パワーアンプ

低域   4560+2220B                   SA600(JBL) 
                     500Hz

中低域  2441+2350                    D45(CROWN)

                    2500Hz 

中高域  2420+811                    D150A(CROWN)

                    7000HZ     

高域     2402                        D45(CROWN) 


周波数特性は低域の2220B+4560、高域の2402の限界任せ・・・

多分100Hz~18KHzくらいのなだらかカマボコ型。



狙いのポイントは上から下まで真っ直ぐな音のエネルギーバランス。


この各帯域のエネルギーとは音圧ではない。
厚みとか芯がある音・・・



e0122780_17271728.jpg

現在、最もエネルギーを感じる帯域は中高域、2420+811+D150Aである。
これは、D150Aによるところが非常に大きい。
一度、SA600に替えてみたが、D150Aの芯のある音には敵わなかった。


この帯域のエネルギーに他の帯域を合わせることが出来るのだろうか・・・


高域の2402は中高域とうまくバランスしている。
e0122780_17341583.jpg



補強のポイントは低域と中低域・・・
e0122780_17402848.jpg


低域のエネルギー増強にはダブルウーファー化が一番早いのだろうが、もう1ペアの
4560をこの部屋へ入れるのは物理的に無理である。

出来ることはアンプによる補強・・・
そこで、4560+2220BにSA640をあてがい、空いた、SA600を2441+2350へまわす、
これが今回のSA640を入れた狙いだ。






JAZZの熱気をリアルに厚く、太く、そして深く、芯のある音で再生する為に・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-30 17:46 | やっさんのシステム | Comments(7)

SA640 代替品到着


出勤前の午前8時20分、SA640の代替品が届いた。

e0122780_12465226.jpg

昨晩の配達予定が運送屋の都合でこんな時間になってしまった。
まったく、お客様不在の香港らしいところだ。


出勤前なので時間もなく、とりあえず、ALTEC409Eにつないで、音が出ることを確認した。
e0122780_12494748.jpg

無事、音は出た。

これで、とりあえずスタートラインに戻った・・・



本格TESTは今晩の楽しみに・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-30 12:53 | やっさんのシステム | Comments(0)

SA640・・・おまえもか?!


2441が応急処置でなんとか復帰したとたん、
今度は入れたばかりのJBLアンプ、SA640が・・・

e0122780_12273449.jpg


突然、左チャンネルが出なくなった・・・


SA640には、
電源以外にも出力用に左右いづれにもフューズが付いているが、調べたがフューズは
切れていなかった。




e0122780_1247484.jpg

寝室からサブのスピーカ、ALTEC409Eを引っ張り出してきて、繋いでみたが
ウンともスンとも言わない・・・


3台あった中から一番程度の良さそうなのを選んできたのに・・・・




仕方なく、元のSA600に繋ぎ替えた。



結局、左チャンネルの2441のダイアフラム以外、すべて元に戻った。



だからといって、SA640へ替える前の音に戻らないのは言うまでもない・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-29 12:56 | やっさんのシステム | Comments(8)

応急処置・・・ (Back to the Original)


Back to the Original(?)・・・

e0122780_13144057.jpg


何をやっても回復しない2441・・・

ダメもと、と思い、買った時についていた、地球儀ダイアフラムを付けてみた。



歪まない・・・

どんどん音量を上げた。

歪まない・・・


それどころか、元気が良い。


調子に乗って、もう一方の2441も替えてみた・・・・


あちゃ~・・・  そうだ、こちらは音圧が低くなるんだった・・・

仕方なく、元へ戻した。


音圧は揃った。

音色は?・・・



良くわからない・・・・


とりあえず、このまま行くかぁ~・・・・





と、いうわけで・・・

4ウェイ復活!!

e0122780_15411512.jpg

(左のALTEC409EはSA640のTEST用、5ウェイではありません)


スピーカ各ユニットの設置位置、クロス周波数、各帯域のレベルを慎重に元に戻した。


これまた、慎重に電源を1台づつ、入れた・・・



戻った!・・・・・・




やはり、もう3ウェイには戻れないなぁ・・・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-28 13:34 | やっさんのシステム | Comments(4)

無念・・・ 4ウェイ化、一時断念・・・


2441をホーンから外し、4560から降ろした。

裏ブタを外して、ダイアフラムをチェックしたが、特に問題はなさそうだ・・・

e0122780_218021.jpg


ダイアフラムも外し、ギャップをチェックするも、やはり問題はなさそうだが・・・

e0122780_2110203.jpg


ギャップ部分を念入りに清掃しても見たが・・・



結局、少し大きな入力時の「歪み」は収まらない・・・



う~ん、これ以上、自分にはどうすることも出来ない・・・





しかたなく、2350に2420を繋いで、3ウェイへ戻した。

e0122780_21313430.jpg




無念ではあるが、2441が使えない以上、4ウェイ化は一時断念せざるを得ない・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-27 21:35 | やっさんのシステム | Comments(6)

またかよ! おまえ・・・


って、心境だ・・・

SA640に替えた、TESTの最中、ちょっと大き目の音量で・・・


ビル・エバンスの迫真のアタックが・・・「歪」んだ。


またかよ、おまえ! 2441・・・
e0122780_15385488.jpg


いよいよ、チャンとしたダイアフラムを探さないと・・・・




しばらく、11時以降は聴けない・・・



時間ではなく、ボリューム位置のはなし・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-26 15:40 | やっさんのシステム | Comments(5)

JBL SA640


とりあえず、1台担いできた。

JBLのアンプ、SA640・・・・

JBLスピーカユニット導入時から使いたかったアンプ、やっと手に入った。

e0122780_12321483.jpg


2台あると言っていたが、悪いことに3台もあった・・・

3台とも持って行けという店主のTOMMY君の「悪魔の囁き」をかわして、まづ1台だけ
持ってきてTESTしてみることにした。


ドライバー・トリオに少し押されぎみの2220Bをサポートするためだ。


e0122780_21545770.jpg


e0122780_21555227.jpg


More
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-25 22:01 | やっさんのシステム | Comments(2)

基本が出来た


4ウェイ・マルチ、基本が出来た・・・


いろんな、LPを聞きながらのクロス周波数、各ユニットの位相合わせ、そして
各帯域のレベル調整。

すべてのファクターが、それぞれに相互作用するので、1つのファクターをまづ固定する。
クロスを最初に固定した。

低域~中低域 400Hz  12dB/oct
e0122780_19302559.jpg


中低域~中高域 2KHz 24dB/oct
e0122780_19311679.jpg


中高域~高域 7KHz 12dB/oct
e0122780_19305058.jpg




400Hzは2441+2350にとって、掟破りだが低域~中低域のキレと弾みが増す。
この辺が2インチを使う「キモ」の様な気がする。



あとは、ホーンに顔を突っ込まんばかりに近づいて、各ホーン位置を前後にずらし、
位置合わせ・・・ 
大きな音で鳴らしながら決めないと意味がないから、これが結構しんどい。

これを合わせておかないと、レベル合わせとのいたちごっこになってしまう恐れがある。
e0122780_1940416.jpg
e0122780_1941825.jpg



そして、各帯域のレベルを合わせる。
VFX2Aはレベル調整が出来ない仕様であるから、仕方なくパワーアンプ側で調整する・・・

低域2220B用 SA600
e0122780_19462353.jpg


中高域2420用 D150A
e0122780_19464484.jpg


中低域2441、高域2402用 D45x2台
e0122780_19471024.jpg



ここまで調整すると、もう立派な音が出ている。

あとは、日々、細かに微調整をしながら、少しでも理想の音に近づけようと努力をする・・・

と、言うよりあちらを立てるか、こちらを立てるか、どちらも立てたい・・・の、繰り返ししかない。



アンプを替えても変わるし、ケーブルを替えても音は変わる・・・


自分で決めた基本を崩さず、いかに煮詰めていくか・・・・



楽しく、時には苦しい日々の微調整は続いていく・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-23 20:03 | やっさんのシステム | Comments(2)

JBLアンプ・・・


うちの4ウェイ・マルチアンプ・システムのアンプの要はJBLのプリメイン、SA600・・・

e0122780_1330129.jpg

4560+2220Bをコントロールしてくれる。

4560+2220Bを導入当初、CrownのDC300A、D150Aをあてがってみたが、イマイチ
弾まない。

D45で少し弾みだしたが、どうも非力な感が否めない・・・




思い余って、このSA600をつないだ途端、歌いだした。

何故か?・・・・

JBL同士だから・・・それしか説明できない。



4ウェイ、すべてこのアンプで鳴らすのが夢だ。


しかし、もうなかなか手に入らない・・・それも3台なんて・・・



だから、密かに狙っているアンプがある。


ALTEC605Aの嫁ぎ先を探して貰っている、TOMMY君の店にそれはある。





SA640、在庫が2台・・・





この4ウェイ・マルチアンプ・システムの行方を大きく左右するかもしれない・・・・



JBLのアンプ・・・・SA640、欲しいな・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-22 20:18 | やっさんのシステム | Comments(0)

調整


組みあがった、4ウェイ・マルチ、いよいよ調整段階だ。


その前に、不調だった、VFX2Aのもう一台が単なる出力端子の接触不良だったことが分り、
戦列に復帰した。

そこで、チャンデバの受け持ち帯域を変えた。

新しい、構成は
VFX2A(220V仕様) 低域~中低域
CX3400        中低域~中高域
VFX2A(117V仕様) 中高域~高域

CX3400の低域のクロス周波数の設定が350Hz~700Hz間で一目盛り、4クリックしかなく
何とかしたいと思っていた。
(CX3400は中低域-中高域のクロス用へ1200~2500Hz)
e0122780_0443473.jpg


一方、VFX2Aのこの帯域は結構微調整が利きそうである。(400~600Hz)
e0122780_0455461.jpg

それに、この構成だと2220-2441間が-12dB、2441-2420間が-24dB、そして
2420-2402間が-12dBとなり、つながりが良さそうな気がした。



いろんな、LPを用意した。
e0122780_053258.jpg



そして、聴いた、聴いた・・・ ボリュームを弄った、弄った・・・


やっと、落ち着いた、クロス周波数は、450Hz、2KHz、そして7KHz。



まづ、特筆モノがシンバルの厚み、硬質感、そして余韻と気配・・・・

ほとんど一日、シンバルばかり聴いていた。


ことシンバルに関しては、言うことは何もない。

トランペットのハイノートにも厚みが加わった。

500Hz~17,8KHzあたりを2441、2420、2402というJBL最強(?)のトリオが
受け持っている。
この帯域の密度がギッシリという感じだ。


低域側は、ベースソロは、一段、深みが増したようだ。
深々とした、厚く弾むベースソロはうっとりしてしまうほどだ。


が、アンサンブルや他の楽器ソロの時のベースのエネルギー感がイマイチだ。


500Hz以上をドライバートリオが受け持つが、500Hz以下は2220一発である。

すこし、不公平感を感じてしまう・・・




いや、いや、たった一日の調整だ、まだまだ追い込めるはずだ・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-09-22 01:00 | やっさんのシステム | Comments(6)