<   2009年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

やっぱり、ソフトだわなぁ・・・


ステレオ装置が一段落したのに伴い、妄想は、暫しお預けして、興味はソフト、LPの方へ・・・・



久しぶりに、LPを買い込んできた。



本日の目玉はこれ・・・

e0122780_21304467.jpg

e0122780_21521239.jpg
e0122780_21523433.jpg


1953年、ノーマン・グランツ率いる、J.A.P.T.の東京「日劇」でのコンサート・ライブ盤。
PABLO、3枚組のBOX入りだ。


そして、やっと見つけた・・・

e0122780_2137122.jpg


これも、コンサート・ライブ、マイルスの「FOUR&MORE」・・・

ジャケットは裏、表とも表面が剥がれて、最悪だが、盤は、なかなか良かった。



あとは、いつものように

e0122780_21552459.jpg
e0122780_21554471.jpg


ベイシー・・・



e0122780_21562287.jpg


ズート・シムズのPABLO盤・・・



e0122780_21563868.jpg


バディー・リッチもありました。




e0122780_21565545.jpg


そして、べニー・カーターのコンテンポラリー盤・・・







おっと・・・エリントンも忘れずに・・・ジョニー・ホッジスとの競演。

e0122780_2223021.jpg





アンプのエージングを兼ねて、しばらく楽しめるぞ・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-30 22:05 | アナログ関連 | Comments(6)

3台目のアンプ?・・・・EL34pp


e0122780_13103170.jpg


6L6GCをEL34に換えてみた・・・



e0122780_13145971.jpg


球は6L6GCと同じくElectro Harmonix(EH)、ロシア製のハイCP球だ。



EL34を使うのは、初めて作った、3結シングル・アンプ、マランツの#8B以来だ。




正直言って、あまり好きな球ではない・・・

アイスキャンディーみたいな姿、かたちが好きではなかった。


真空管は姿かたちから、音を連想しがちだ。


これも昔からの思い込み、刷り込みの悪いところだ・・・・




ALTECは、よくEL34を使っていたし、最近の球アンプも半数近くはEL34といっても良いくらいだ。



6L6GCとはコンパチだし、もともとEL34も想定していたアンプなので難なく収まった。

e0122780_13325170.jpg



新品球なので、通電して、しばらく待ってみる・・・・



今まで聴いていた、ソニー・ロリンズ「WAY OUT WEST」・・・・

e0122780_13383343.jpg







参ったなぁ・・・・・・・・・






6L6GCに比べて、低域が豊かに、高域がまろやかに、全体のバランスが抜群に良くなった。

6L6GCの元気の良いガキの音からグッと落ち着いた大人の音への変身・・・・


このバランス、この雰囲気・・・





私、今日からEL34に対する考えを改めます・・・・

More
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-29 13:44 | やっさんのシステム | Comments(10)

原点・・・水平、水平、また水平



最近、アンプ作りにかまけて、EMPIRE598Ⅲの面倒を見なかったせいか、
LP再生が絶不調・・・・

e0122780_21574942.jpg




水準器を引っ張り出して、水平を計ったら、案の定・・・
e0122780_21594114.jpg



人民元1.00コインと0.50コインで水平調整・・・

e0122780_222052.jpg
e0122780_2221561.jpg


結局、二枚重ね・・・人民元1.50でピッタリ。



アームの水平とバランス、針圧も取り直し・・・・


e0122780_226890.jpg




ソニー・ロリンズの「ブォ~」が帰ってきた!

やはり、LPプレーヤは水平、水平、また水平である・・・・




6L6GCppも調子が出てきた・・・

高域のカドが取れだし、低域の力強さも出てきて弾みだした。


e0122780_22282110.jpg



乗ってきたところで、「WAY OUT WEST」・・・・


3曲目、「COME, GONE」・・・

RAY BROWNの流れるようなベース・ソロ・・・

弾む、弾む!

SHELLY MANNのピーンと張ったスネアの気持ち良いこと!
バスドラムもドスンと来るようになってきた。


そして、ロリンズの太くて厚いテナー・・・・



いやぁ~もう最高!・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-28 22:10 | アナログ関連 | Comments(4)

真夜中の「WALTS FOR DEBBY」


e0122780_32401.jpg



5235を片付け、KT88ppはノイズ対策の為、休憩・・・





出来立ての6L6GCppをネットワークにつなぎ、深夜、ひっそりと「WALTS FOR DEBBY]を

小音量で聴く・・・・





小音量にもかかわらず、芯のシッカリした、なかなかのバランスで鳴ってくれる・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-28 03:06 | やっさんのシステム | Comments(0)

バタバタ実験の結果・・・


例のように、走り出したら止まらない・・・


アンプ1台だけ作っておけば、「あ~いい音・・」、「もう少し何とか・・」ってな程度で済むものを・・・



①自作1600Hz(低域-6dB/高域-12dB)ネットワーク+KT88pp改造機

②自作1600Hz(低域-6dB/高域-12dB)ネットワーク+6L6GCpp機

③5235+KT88pp改造機+6L6GCpp機

3種類の組み合わせで、一日中、あ~でもない、こ~でもない、と・・・・



どれか、1つがダントツに良ければ、ことはスンナリ、その方向へ進むはずだった。


ところがドスコイ!、じゃなくて、どっこい・・・ネットワークが予想外の健闘を見せたのだ。



自分で作っておいて、予想外もないものだが・・・

心の片隅に、「まぁ~、マルチの圧勝だろう・・・」という気持ちがあったのも事実。


ところが、

①、②とも、それぞれ球と出力トランスの特色を出している。


①落ち着いて、ドッシリした低音をベースに芯のある、音を聴かせる。

②とにかく、元気闊達な中・高域、シンバルとスネアを鳴らせたらピカイチ・・・
  イマイチ低音が物足りないが。

③両者を足して2.7で割ったような・・・ 総合点ではトップだろう・・・
 が、ダントツというわけではない。

 (2で割ったようなが理想だが、やはり片方のアンプのキャラが出てしまう)







同軸ユニットで2ウエイ、クロスも1600Hz・・・






これくらいなら、ネットワークとマルチの差は思ったほどはない、と言えそうだ・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-27 15:34 | やっさんのシステム | Comments(0)

6L6GCppアンプ・・・マルチアンプ


e0122780_229774.jpg


ついに、マルチアンプまで行き着いた・・・


クロスボードがなく眠っていた、5235を動かし、2台目のアンプを作って、何とかこぎ着けた。


クロスは1600Hz、低域にKT88pp、そして高域に6L6GCpp・・・・



慎重に配線をして、各アンプの電源を入れていく・・・









第一聴は、見事に間の抜けた音だった。





中・高域だけ元気の良い、低域スカスカ・・・・

More
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-26 23:07 | やっさんのシステム | Comments(2)

6L6GCppアンプ・・・合格


私の自作アンプの品質基準は・・・

①煙、異音、異臭が出ないこと。
②6時間以上の連続運転に耐えること。
③発熱し過ぎないこと。

この3点である。






e0122780_17322743.jpg


朝、10時からの連続運転6時間が過ぎ、煙も異音も出ないし、、異臭もしない。

少し、チョークが熱いが、触れないほどではない。



音の性格は球、トランス、使用部品によるので、使用に耐えるという条件は満たしたと判断・・・

よって、今回の6L6GCppアンプは合格とした。







6L6GCppアンプ仕様
初段/位相反転・ドライバ直結ムラード型6L6GC三極管接続プッシュプル

初段          :12AU7(パラ)x2
位相反転・ドライバ :12AU7x2
終段          :6L6GCx4 
出力トランス     :LEAK

整流          :5U4GB(両波整流)
B+          :330V
バイアス       :自己バイアス 26~27V



e0122780_17314313.jpg



あとは、エージングしながら、音の性格を決めていけば良い・・・
  
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-26 17:35 | やっさんのシステム | Comments(0)

6L6GCppアンプ・・・NFB


これまでに作ったアンプはすべて、無帰還・・・


特に、これと言った特別の理由はなく、ただ何となく・・・・




e0122780_12193970.jpg

OPTの16Ω出力から初段の12AU7のカソードへ負帰還を掛けてみた・・・

帰還量は強(約18dB)と弱(約12dB)の切り替えが可能なようにスイッチを付けた。





e0122780_1220438.jpg

発振しないよう、位相補正回路も入れた・・・
音質に効きそうな場所なので、メタライズポリマーCを入れておいた。
(100~120pFだが、なかったので200pFを2個直列にした)



わお~・・・

第一印象は、静寂、端正、気品・・・


ノイズ、歪がNFBで打ち消されるせいか、聴感上のS/Nがグッと上がる。

音の刺々しさが少しとれて、マイルドで端正な音になる。

気品の様なものが漂って来た。

ノイズ、歪が減った為か、解像度も若干上がったような気がする。


その分、荒々しさ、毒々しさと言った、元気さのようなものが引っ込んだような気もするが・・・


これが、巷間言われている、NFBの功罪なのだろう。









しばらく、NFB有、無しを聴き比べてみたが・・・





このアンプの場合、明らかに「功」のほうが大きい様な気がする・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-26 12:57 | やっさんのシステム | Comments(0)

6L6GCppアンプ・・・初段管交換


e0122780_17543897.jpg


初段管を12AX7から12AU7へ替えて見た・・・

球はKT88ppから外した松下製。



エージングも兼ねて、昼過ぎから聴きっぱなし・・・・


心もち、重心が下がり、バランス的には断然こちらの方が良い。


低域もだいぶ締まってきた。


あいかわらず、シンバルの硬質感とピ~ンと張ったスネアのアタックが気持ちよい。




ベースも弾みだしてきた・・・




e0122780_18294968.jpg

いつものようにひっくり返して、調整体勢・・・




e0122780_18302627.jpg

KT88ppは、しばし休憩・・・




e0122780_1830753.jpg

KT88ppと違って、自前の配線レイアウト、もう少しカッコよく配線したかったが・・・





もうあまり、いじらなくても良さそうだが・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-25 18:13 | やっさんのシステム | Comments(4)

6L6GCppアンプ・・・


頂いたOPTのお礼にとS君を昼食に誘った。


場所はS君の希望で私が住んでいる地域・・・


会社から5分のところだ。


S君、昼食の後、OPTの音を聴いてみたいと言う・・・



これまた、S君の希望で当地でも人気の回転すし屋で、「鰻魚柳川飯」という、何とも現地風の
メニューを注文・・・、要は「うなぎの柳川鍋風どんぶり」である。

何で回転すし屋にうな丼モドキがあるのか・・・

とんかつ、カツ丼、カツカレーまであるから恐れ入る。



現地の人が大好きな「三文魚寿司」、サーモンのにぎりも2貫づつつけて貰った。



昼食もそこそこに、私の部屋へ・・・





まづは、KT88ppアンプで聴かせた。

e0122780_1630563.jpg



S君はまだ、自作のネットワークは聴いていない。


「良くなりましたね~」

「低域がグ~ンと沈み込むようで、量感も締りも良いですね・・・」


S君自身がVerveの有名録音曲の寄せ集めCDからコピーした(あっマズイかな・・・)CDを

満足そうに聴いている。

特にエラのボーカルとミンガスのベース・ソロにウットリしている。


そこで、初めて自作ネットワークを紹介した・・・


「へ~、ネットワークでこんなに変わるんですね・・・」

「今まで聴かせてもらったALTECの中でベストですよ、部屋の影響も大きいですかね・・・」だと・・・

喜んでよいのか・・・・

今まではナンだったのか・・・




さて、いよいよ6L6GCppアンプ・・・・


e0122780_16464821.jpg



今日は昼間だから少々大きめの音量で思いっきり聴く・・・




狙い通り、明るく、輝きと艶がある。

解像度もKT88ppより明らかに高い。


だが・・・低域がKT88ppと比べて浅く、甘い・・・

S君の感想もまったく同じだ。

彼の耳だけは信用している。(他は悪い人間という意味ではありません、誤解なきよう)





新品球で30分足らずの通電なので即断は出来ないが・・・

明らかに球の性格か、出力トランスの容量の差がありそうだ。

初段の12AX7も効いていそうだ。

ゲインも少し高すぎるし、12AU7に換えてみようか・・・・





中域から高域にかけては狙い通りなので、少し、低域側をいじってみよう・・・
[PR]
by jbl375jp | 2009-04-24 17:08 | やっさんのシステム | Comments(0)