<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

JazzRadio

最近LPばかり聴いていると、書いたばかり・・・



e0122780_16145093.jpg


何の気なしにググッた「JAZZRADIO」・・・









e0122780_1615947.jpg


おおお


あるわ、あるわ・・


「ビバップ」、「ハードバップ」、「ピアノ・トリオ」、「ビッグ・バンド」、いろんな楽器別から

「ヴォーカル」、「ボサノバ」まで・・・




あまり聴かないが「フュージョン」、「アバン-ギャルド」なんてのもある・・・

最近の人はこっちのほうを主に聴くのだろうか・・・







e0122780_16163197.jpg


早速、「ビバップ」を聴いてみると・・・


何と「バド・パウエル」





e0122780_16165647.jpg


PCとUSB DACさえあればOK。


自分の好きなCDだけ入れるPCオーディオと違って、何が出てくるか分からないが

これは、これで又楽しい。




一日中聞き流していそう・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-27 16:31 | PCオーディオ | Comments(10)

V15typeⅢ


e0122780_21111186.jpg


プリメインアンプを作り、プレーヤの調整が終わって、気持ちよくLPを聴いている。



バリレラを使い出してから、もう他のカートリッジはいらないと思っていたが、STEREO盤を
聴くために使っている、V15TypeⅢがすこぶる良く、バリレラと甲乙つけがたいほど健闘している。






最近は、なかなかPCオーディオの出番がない・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-23 21:20 | アナログ関連 | Comments(4)

B-16Hの改造、調整・・・まとめ

今回の改造・調整の「キモ」は、この3点・・・

e0122780_22403254.jpg

①少し前に交換した33.3/45回転用アイドラー(左)
②50Hz用プーリー




e0122780_22405017.jpg

③3点支持モーター用アイソレーター





特にプーリーの交換の効果は絶大だった。





e0122780_22401339.jpg


まづ、このDC-AC変換器を使用しなくて良くなったお陰で、回転の誤差がなくなった。

このDC-AC変換機はDC12Vをかけると60HzのAC220Vが得られるため
50Hzの当地では、しかたなく、これを使用していた。

測定器がなかったので計ったことがなかったが、DC-AC変換器の60Hzは誤差が
あったようで、微妙な音程の違いになっていたようだ。


加えてDC-AC変換器を通さないで電源を供給できる為、電源のノイズが無くなった。

DC-AC変換器の出すノイズが毎日違い、どうしても気になっていた。





ビシッと決まった、音程の良さに今更ながら、喜んでいる。






また、アイドラーのみを交換した時もその静寂性に満足したが、その後、小さな「ゴロ」が出て
特にSTEREOのカートリッジが拾って気になっていた。

それが、交換したプーリーとの相性が良くなったのか、「ゴロ」がピタッと止った。



プーリーとアイドラーの交換で、静寂性と音程の安定という、プレーヤの命といっても過言では
ないものを取り戻した。



モーター用のアイソレーターも硬化して制振性のなくなったラバーから新品のラバーになって
少なからず静寂性に寄与しているだろう。









 
e0122780_22392717.jpg



いま、ワクワクしてLPを聴いている。






ヨハネス先生のご好意でこのプレーヤを頂いて以来、試行錯誤の結果、
やっとREK O KUT B-16H本来のパフォーマンスを引き出した気がする・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-14 23:29 | アナログ関連 | Comments(3)

B-16Hの改造、調整・・・仕上げ


細かなところだが、この際やっておこう・・・


e0122780_18224019.jpg


モノのGEアームからの出力・・・

アーム・ケーブルを中継してRCA端子に普通の線で出していたが、シールド線に変更。



モノで若干ノイズが気になっていたのだが・・・・ これで直れば良いのだが・・・




スピンドルに油を注入して、手の届く範囲を乾いた布でふきあげた。





さあ~聴いてみようか・・・



e0122780_1833154.jpg


もちろん、電源は50Hz電源をダイレクトに頂く。





かけたLPはこれ・・・

e0122780_1822586.jpg


50Hz用プーリーへの改造を決心させた盤、「ダイアナ・クラール」・・・








耳元で、囁くようなダイアナのハスキーな歌声が甦った!!


ぞくぞくしてくるような、歌声。




やはり、DC-ACコンバータの50Hzは狂っていた。

このダイアナ・クラールを聴いた時、そう思った。

まったく別人だったから・・・



しかし、このプーリーのお陰ですべてが解決した。


ピアノもシンバルも・・・

微妙に違っていた今までの音が・・・


すべて、元に戻った。











e0122780_18234632.jpg


モノラルもすばらしい・・・


DC-ACコンバーターを通る電源の複雑なノイズも消えた・・・


ゴロもない、S/Nもワン・ランク上がったみたいだ。








いや~長かった、早くやるべきだった・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-13 18:51 | アナログ関連 | Comments(10)

B-16Hの改造、調整・・・②

50Hz用プーリーはうまく収まった。



続いてはモーターぶら提げ用アイソレータ・・・

e0122780_1727767.jpg





古いアイソレータを取り除く・・・


これが一苦労・・



e0122780_17293350.jpg


ドライバ、ラジオペンチ、ニッパーを駆使して、硬化してこびりついたラバーを剥がしていく・・・





e0122780_17295357.jpg


20分ほどかかって、やっと1個、取れた。



2個目、3個目はコツが分かって、少し早く取れた。







e0122780_1737264.jpg

細めのマイナス・ドライバを使って、新しいラバーのアイソレータに入れ替えた。


さすがに新品のラバーはフカフカ・・・ 気持ちがいい・・・・






e0122780_17405318.jpg


3点のモーター用取り付けネジを仮止めし、プーリーが穴に当たらないよう、ネジを調整・・・





e0122780_17542016.jpg


滑らかに回っています・・

少し気になっていた、「ゴロ」もなくなっています。








うまくいきました・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-13 17:49 | アナログ関連 | Comments(0)

B-16Hの改造、調整・・・①

B-16Hの改造、調整を始めた。



まづは、50Hz用プーリーへの改造・・・


e0122780_1195724.jpg


e0122780_11102048.jpg

モーターをはずす



e0122780_11104238.jpg

60Hz用プーリーをヘア・ドライヤーを「炙る」



炙ること約10分・・





e0122780_11164822.jpg

プーリーを下からこねると、思ったより簡単に抜けた。





e0122780_11192322.jpg

次に、50HZ用プーリーをモーターの軸に挿入し、叩き込んだ。




e0122780_11225042.jpg

モーターに仮り止めし、アイドラーとの噛みあわせてみる・・・





e0122780_12214537.jpg



3段あるプーリー、一番下の大きい78回転用、50Hz用に比べて大きすぎて

プーリー用の穴に当たりそうで、モーターの取り付けネジでの調整が難しそう・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-13 11:25 | アナログ関連 | Comments(3)

準備万端


e0122780_2047191.jpg


REK O KUTのB-16H整備用のパーツが揃った。



e0122780_20472128.jpg


50Hz電源用プーリー・・・


北海道のオーディオ・ショップで作ってもらった。





e0122780_20474180.jpg


Eメールが着かないの何と言い訳していたUSAのショップ・・・


メールを入れてから1ヶ月以上掛かったが、無事届いた、モーターの振動吸収用インシュレータ・・・






これらのパーツに換えながら、B16-Hの調整をしようと思い立った。





さあ~、どうなりますことやら・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-12 21:00 | アナログ関連 | Comments(0)

大人買い?・・・・


e0122780_2113542.jpg


一挙、25枚の大人買い。







チョッと前に入手していた、1ピアノ、2トラムペット、2テナーを聴く・・・


e0122780_21375616.jpg


e0122780_21382391.jpg


e0122780_21384258.jpg


e0122780_2139245.jpg


e0122780_21392326.jpg



ノンビリ、LPを聴くって、良いねえ~








e0122780_2146427.jpg


REK O KUTのアイソレータが届いた・・・


あとはプーリーを待つだけ・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-05 21:01 | PCオーディオ | Comments(2)

新しいモノラル装置・・・


私のオーディオ装置、基本はモノラルです。


ブログのタイトル通り、モノラルを始めたのが、2010年・・・

かれこれ2年かかって、纏まりました。


e0122780_21464741.jpg


e0122780_2140357.jpg


メインはモノラルLPの再生。


GEのロングアーム、A1-501に同じくGEのバリレラ。




e0122780_21471865.jpg


e0122780_21405322.jpg


LPはモノラルばかりではないので、ステレオLPも再生できるようにした。


アームはグレースのG565F、カートリッジはSHUREのV15TypeⅢ(鏡面白文字)。





e0122780_21411183.jpg


デジタル音源も抜かりなく、こちらはノートブックとUSB DACによるPCオーディオ・・・



PCオーディオにしろ、ステレオLP再生にしろステレオだが、なにせアンプが1チャンネル、

スピーカも一本・・・



トランスでL・Rをミックスして、モノラルで聴いている。



厳密に言えばどうの、こうのとあろうが、なんら問題なく楽しめるから由としている。




3つのソース、それぞれ特徴があって面白い。

3つそれぞれに実力伯仲となって、どのソースも楽しめるようなって来た。




過去何度も言ってきたことだが、ハードはこれくらいにして、ソフト、音楽に没頭したい・・・



あっ・・・



REK O KUTの調整が残っていたっけ・・・




モーターのアイソレータも注文したし、50Hzプーリーも作ってもらっている。








今月中にはすべて済ませたいと、思っているのだが・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-03 22:31 | やっさんのシステム | Comments(0)

お披露目、プリメイン・アンプ・・・

お披露目なんて、たいそうなことではありませんが・・・


初めて作りました、プリメイン・アンプのご紹介をさせていただきます。


e0122780_019583.jpg




せっかく作るのですから、もっとましなデザイン、作り込みがありましょうが、不器用でせっかち、

作りながら考えていくタイプなもので・・・・




加えて最近は、目、手先、そして根気の衰えが甚だしく・・・







e0122780_0202050.jpg


プリアンプ部は「バルブ・ワールド」元代表、山中氏設計のプリアンプのパクリです。

6DJ8を大電流、低電圧駆動で使った、CR型PHONOアンプが2チャンネル分、

同じく6DJ8のSRPP回路のラインアンプに、おなじみのUTC20Aで送り出しています。


RCAのトランスを2台、LPのSTEREO、PCオーディオのSTEREO信号をMONO信号へ
変換しております。



PHONO回路はMONO用に1チャンネル、STEREO用に2チャンネルの計3チャンネルで
駆動したかったのですが、予算(?)の関係でファンクション・スイッチで1チャンネルを
切り替えて、兼用しております。



これで、LPのMONOとSTEREO、そしてPCオーデイオのSTEREOがファンクションの
切り替えで聴けるようになり、便利になりました。






e0122780_0204860.jpg


パワー・アンプ部は、これも大西正隆氏の2A3ppのパクリです。


我々ド素人が訳も分からなく、設計するよりは、その道の達人が永年かけて磨き上げた
回路を使わせて頂くほうが、まったく問題が出ないと確信しております。


初段が12AX7、位相変換/ドライバ段は6CG7のムラード型

NFBは14.8dB、ローカル負帰還併用。


2A3は自己バイアス、50mA前後で使用。

B電圧は320V程度、出力は測定器がなく分からないが、10~13W程度だろう。




e0122780_029262.jpg


OTPはサンスイ、型名も履歴も不明・・・



e0122780_032749.jpg


2A3はロシア製・・・


いずれはRCAの古典球使ってみたいな・・・




土曜日から耐久試験をやっているが、異臭、発煙、は今のところなく、だいじょうぶかな・・





以前作った、プリアンプ、パワーアンプをワン・シャーシに詰め込んだアンプだが

セパレートの時と変わらないレベルまで来た。




PHONO回路のノイズが少し気になったが、それも殆ど気にならないレベルになった。







タップリとエージングをかけて、大事に使っていけば、この先アンプ遊びはしなくてすむかな・・・







e0122780_203306.jpg





この4日間のミニ・ゴールデン・ウイークの間にここまでまとまるとは・・・






シンプルなモノラル・プリメイン・アンプが出来、収まるべきところに収まった・・・
[PR]
by jbl375jp | 2012-05-01 00:54 | アンプ関連 | Comments(2)