C28 PHONO、その2


今日もまた、C28のPHONOでLPを聴いている。


e0122780_0424235.jpg

オスカー・ピーターソンの「Oscar Peterson Live」
Oscar Peterson・・・Piano
Loe Pass・・・Guitar
David Young・・・Bass
Martin Drew・・・Drums

楽器間が団子にならず、よく分離して聴こえる。
特にピーターソンのピアノとジョー・パスのギターの掛け合いがたまらない! 

録音が比較的新しいせいか、レンジも広い。



このところ、よく聴く、マイルス・デービス「WALKIN’」
e0122780_0443058.jpg

Miles Davis・・・Trumpet
J.J.Johnson・・・Trombone
Lucky Thompson・・・Tenor Sax
Horace Silver・・・Piano
Percy Heath・・・Bass
Kenny Clarke・・・Drums

出だしの3管が迫力で迫ってくる。
マイルスのトランペットの吹き上がりがスムースで気持ちよい。

VaguardⅡのバッテリー駆動の繊細で高S/N、ACサポートでの力強さ、そしてC28の中域の厚みと三者三様の特徴がつかめた。



C28はこのまま、LP12用としようか・・・・


いやいや、モノラル再生用か・・・・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-02-02 01:01 | アナログ関連
<< 3422計画 C28 PHONO >>