3PLAYERS、4TONEARMS Vol-5


LP12+SME3009SⅡImp.+V15TypeⅢに次いで、
TT-81+WE407EX+DL102がアガリ。
フェーズテックの昇圧トランス、T3を通して、C28の内蔵フォノイコで使うことにした。


e0122780_23162859.jpg


DL102をEmpire598Ⅲと組ませる目論見はもろくも崩れ去ったが・・・

DL102は自重が重過ぎてEmpire598Ⅲではバランスしない。
それにDL102のあの長いピンが邪魔してシェルの中へうまく収まらない。

無理をしてもつまらないし、WE407EXとの相性も決して悪くない。
TT-81上で再度、調整をし直し、試聴の結果、決定した。

このSAECのWE407EXはWE407/23より少し長い。
一説には東南アジア向けの機種だそうだが・・・

いろいろ探したが、取り説が見つからず、ヤマ感で使っているが、非常に使いやすく、また
カートリッジも選ばない。
いまでは、希少なセラミックシェル、ULS-3X付きで買ったのだが、不注意で落として割ってしまったのが悔やまれる・・・

Empire598Ⅲは、これでDL103Rで行くことになるだろう・・・


残る難題は気難しそうなAC3000に合わせるカートリッジをどうするか?・・・・


                                           まだまだ続きそう・・
[PR]
by jbl375jp | 2008-02-26 00:04 | アナログ関連
<< BOZALTEC 605の逆襲 3PLAYERS、4TONEA... >>